Archives for "ビーニャ・デル・マル(Viña del Mar)"

Posted by Katsuya on 7th 1月 2011

Go to Mendoza 雄大な山脈を越えてアルゼンチンへ入国!

ビーニャ・デル・マルから夜行バスでメンドーサへ到着!

昨日の夜にビーニャ・デル・マルを出発した夜行バスは、夜中の2時くらいにアルゼンチンとの国境へ到着。

●南米の夜行バスは快適

陸路での国境越えは世界各国場所によってやり方が様々。

メキシコ→グアテマラの時は、ワイロ?を要求されたり、バスに置いていかれそうになったり。。

しかも事前情報でアルゼンチン⇔チリの国境越えは荷物検査など結構大変と聞いていた。確かにチリinの時は荷物検査が厳しかった。

しかし、チリからのアルゼンチン入国は意外と簡単。載っていたバスの添乗員さんに従い、アルゼンチンの入国カードを事前に記入し、流れ作業のようにイミグレに並びチリ出国とアルゼンチン入国を完了。

その後の荷物検査もすんなりOK。

標高の高いチリ⇔アルゼンチン国境はこの時期でも寒いため、眠い頭で何も考えず薄着でバスの外へ出てしまったためちょっと順番待ちがきつかったけど、それ以外は特に問題無し。

ビーニャ・デル・マル⇔メンドーサのバス移動は、南米の雄大な山脈を車窓から楽しみながら・・・というのがお決まりだが、残念ながら今回は夜行バス。

レベルの高い南米のバスはセミカマ(標準クラス)といえど、シートはゆったりでグアテマラのチキンバスとは快適度が雲泥の差。

そのため、朝までぐっすり寝ることができ、その上、おかしとジュースが配られるなどのうれしい心配りも。

バス運賃も雲泥の差だけどね・・・。

●ワインの街メンドーサへ到着!

ビーニャからの夜行バスは朝8時くらいにアルゼンチンのメンドーサへ到着。

国が変わったらまずやること。

それはATMでお金を下ろすこと。

しかし、メンドーサのバスターミナルにある2箇所のATMはどちらも故障中。

あとで聞いた話によると、ブラジルの金融政策のせいで一時的にアルゼンチンペソが不足しているらしい。

目星をつけていた安宿にチェックインした後、街へ出て銀行を巡る。

大手の銀行前には店内から続く行列が店の外にまではみ出しており、ちょっとした取り付け騒ぎの様相。

メンドーサでちょっとした取り付け騒ぎ

幸い紙幣がなくなることもなく、ATMからアルゼンチンペソをゲット。

これで、安心してアルゼンチン名物の”肉”を楽しめる。早速、その足で街中のレストランへ向かい、肉の塊を堪能。

アルゼンチンといえば肉料理!

肉好きにはたまらない南米。

これからが楽しみ。

○メンドーサの安宿「Casa Pueblo Hostel」

バスターミナルから徒歩10分くらいと、ちょっとセントロから離れているが、キレイで快適な安宿。24時間レセプションのスタッフの対応も良く(昼番の人はジェントルで、夜番の人はアミーゴな感じ)、無料WiFi、キッチン利用、朝食付き、快適な共有スペースや中庭などゆったりとステイすることができる。

設備も清潔で、おすすめです。

宿泊費用 ドミ1名1泊:40ペソ

メンドーサの安宿「Casa Pueblo Hostel」行き方

かつやcat

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 6th 1月 2011

Valparaíso 隣町バルパライソへ

バルパライソのカラフルな家々

今日は、ビーニャ・デル・マルの隣町バルパライソへ。

●世界文化遺産にも登録された街並み

バルパライソの魅力はなんといってもそのカラフルな街並み。

ビーニャからはバスで移動し、15分くらいで到着。

早速、名物でもある丘を登りそこから見える港や街並みを楽しむ。

アセンソールから見下ろすと、港方面の街並みはクラシックな建物が並び、山方面にはペンキ塗りのカラフルな家々が立ち並ぶ。

バルパライソのクラシックな街並みと港

アセンソールを降りた後、カラフルなペンキ塗りの家々が立ち並ぶ青空美術館へ。

自由に描かれた壁画や、色とりどりの壁の色はポップで、なぜか全体的に調和が取れている。その反面、さびさびのトタン屋根やボロボロの小屋などもあり、ちょっと路地へ入ると、物騒な雰囲気もする街。

カラフルで明るい南米と、貧困と治安の悪い南米という両方の顔を併せ持つバルパライソ。なかなか魅力的な街。

バルパライソのカラフルな街並み

そして、チリ最大の港町でもあるバルパライソには活気溢れる街という魅力もある。

しばらく街をぶらぶらし、500ペソ/kg(約100円/kg)のおいしいチェリーをゲット。サンティアゴやビーニャよりも格段に安い。ここのフルーツはおすすめ。

バルパライソのチェリーはおすすめ

ということで、今日でいよいよビーニャ最終日。

ビーニャからアルゼンチンのメンドーサに向けて夜行バスで出発!

今回も汐見荘楽しかった!

○ビーニャ・デル・マルからバルパライソへの行き方

汐見荘から魚市場へ行くときに通る、海岸沿いの幹線道路からバルパライソ行きのバスに乗ることができます。10分も待てば来るので、歩道橋下のバス停からバスに乗り込みましょう。

ビーニャ・デル・マルからバルパライソへのバス運賃:370ペソ(1人)

○ビーニャ・デル・マルからメンドーサへの行き方

ビーニャ・デル・マルのセントロのバスターミナルから国際バスが発着しています。メンドーサへの夜行バスはセミカマでも十分快適。ちなみに、バルパライソのTurバスオフィスでも、ビーニャ発のバスチケットを買うことができます。

ビーニャ・デル・マルからメンドーサへのバス セミカマ運賃:11,000ペソ(1人)

かつやcat

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 5th 1月 2011

Sea food in Viña del Mar 2 ビーニャの海鮮はやっぱりうまい

シェフ村上によるビーニャのエビの特性中華炒め

ビーニャ・デル・マルでやること。といえば、朝に魚市場へ行くこと。

●ビーニャ・デル・マル名物の海鮮でパスタ

朝9時に汐見荘を出発。

ビーニャの魚市場に着くと、相変わらず魚のアラを求めてアザラシやペリカン、カモメなどたくさんの動物が海岸に行列を作っている。

ビーニャ・デル・マルの魚市場にはアザラシやペリカンが集まる

今回は新鮮な魚介を使ってパスタを作ることに。

ということで、おなじみの巨大イカや新鮮なエビ・ホタテをゲット。

ビーニャ・デル・マルの名物巨大イカ

宿に戻り、新鮮な魚介を火にかける。白ワインで蒸して海鮮パスタのできあがり!

汐見荘でシェア飯!魚介三昧

ビーニャにいると、朝から晩まで食べ物のことばかり。セントロまでも遠いし、周辺の見所も特に・・・。

かつやcat

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 4th 1月 2011

Go to Viña del Mar 2 ビーニャ再び

サンティアゴの中央市場

サンティアゴの空港泊は、意外と快適で朝9時までぐっすり。。

●サンティアゴの中央市場へ

イースター島に行く前は、サンティアゴをスルーしたので、今回はビーニャに戻る前にちょっとサンティアゴを見ていく。

といっても、目的は中央市場くらい。

山盛りのウニを探して、各店舗をぐるぐる。

今日はいいウニが入っていないようで、何軒も「エリッソ(ウニ)は無いよ」と。

ようやく、ウニあるよ!と言ってくれた店に入るも、開けてみたらちっちゃくて。。と残念なお知らせが。仕方なく、海鮮系のメニューをいくつか頼むも、値段の割に料理のクオリティが伴っておらず残念。

こりゃ、ビーニャの市場で自分で買ってきて調理した方が全然いい。

ちょっと残念だったサンティアゴの中央市場の食堂

ということで、バスでビーニャへ。

○サンティアゴからビーニャ・デル・マルへの行き方

サンティアゴ中心部からだと、サンティアゴ・ターミナルが便利。

地下鉄のUniversidad de Santiago駅に隣接するアラメダ・ターミナルの隣にサンティアゴ・ターミナルがあります。歩き方だと、アラメダ・ターミナルからビーニャへとなっていますが、アラメダにはTurBusなどメジャーバス会社しかないため、安く移動するにはサンティアゴ・ターミナルがおすすめです。安いといっても、品質に問題なし。

サンティアゴからビーニャ・デル・マルへの移動費用:3,500ペソ(1人)

#サンティアゴ空港からビーニャ・デル・マルへの行き方についてはこちらをどうぞ

●ビーニャ・デル・マールの汐見荘へ

汐見荘に荷物を預けていたので、次へ移動する前に寄って行く。

もちろん、ビーニャ名物の海鮮を楽しむために何泊かする。

ビーニャのセントロからコレクティーボで汐見荘へ。

すると、見慣れた顔ぶれが何人も。イースター島で一緒に年越しをしたメンバーが、偶然にも汐見荘へ何人か集まっていた。

今日は汐見荘の気持ちよい中庭でゆったり。いい場所。

明日は市場で魚をゲットする!

相変わらずかわいい汐見荘の看板ネコ

かつやcat

Error: Suspended
Posted by Akie on 17th 12月 2010

Easter Island!! イースター島上陸っ!

One Worldのチケットでイースター島へ!

ずーと来てみたかった場所、
いけてないワンワールド世界一周チケットを買った一番の理由の場所・・
イースター島にとうとう来ちゃいました:!:

モアイ、モアイ:onpu1:

●モアイまでの道・・

ここまで長かった。。
朝(深夜?)1時半まで荷造りして、3時起床。3時半宿出発。
真夜中の道をコレクティーボ・バスと乗り継ぎ空港へ。
9時半の飛行機に乗り約4時間。
チリ最果ての島、イースター島へ。

眠くて頭回ってないー
けどそれもなんのそのー。

空港から宿までの道のり。モアイが普通にいる!

なんか実感が沸かない。
けどなんだかのんびりしてて、いい場所なのが伝わってくる。好き。ここ。
すごい観光名所のはずなのに、村人がすれてない。
すごく素朴で暖かい雰囲気の田舎町。イースター島。

滞在日数一週間じゃ足りないって理由がなんとなく分かるかも。
着いたばかりだけど楽しみだなー。

これから10日間。
イースター島を満喫するぞ~:kira:

とりあえず今日は宿の近くをぶらり。

町の中心部はレストラン、商店、レンタカー屋さんがずらり。
値段さえ考えなければレストランも雰囲気いいし良さそう。
ま、考えちゃうけど。

明日。
レンタカーかバギーでも借りてモアイ見に行きたいなー

のんびりしてて雰囲気のいいイースター島

たのしみ:bikkuri1:

○イースター島の安宿「Residencial Petero Atamu」

イースター島の空港から無料送迎有り。
オーナーさんが空港で待ち構えている(客引き)ので、その辺の人に聞いてオーナーさんを探す。※たまにいないときもあり。

清潔なキッチン・WiFi無料。部屋や水周りの設備などもきれいで、共有スペースもあり。ゆったりと過ごせる場所。
2,3年前の歩き方には掲載されてます(最新版には載ってない)

立地もいいし、イースター島の安宿でWiFi無料で使えるところは少ないからおすすめかな。※キャンピングサイト、ミヒノア→有料。日本人宿→ネット環境無し。
宿泊費用: 一泊6000ペソ(一人・朝食無し・約12USドル) 朝食有りだと約15USドル

○ビーニャ・デル・マルからイースター島への行き方

サンティアゴ発のイースター島行きのフライトに乗るには、ビーニャ・デル・マールのセントロを朝5時に出る空港直通バスに乗らないといけない。その ため、汐見荘に泊まっている場合、最悪歩き覚悟で時間に余裕を持って宿を出発。深夜でもパラパラとコレクティーボが走っているので見つけ次第乗車 を。メインロードはバスも24時間運行してるらしい。
タクシーは平気で1,2時間遅れてくるらしいので危険。

ビーニャ セントロへの深夜コレクティーボ費用:1,500ペソ(2人)
ビーニャからサンティアゴの空港までバス費用:3,200ペソ(1人)

あきえ:a_house:

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 16th 12月 2010

Seafood in Vina day 2 ビーニャ・デル・マルで海鮮三昧2日目

朝9時半のビーニャ・デル・マルの魚市場は活気に満ちている

今日も朝から魚市場へ買出しに。

●まるごとサーモンをゲット

昨日は遅めに宿を出たため市場も半分終わっていた。ということで、今日は早めの9時に皆で宿を出発。

噂の野アザラシを市場近くの海岸で発見!今日は鳥もすごいたくさんいる。市場が賑わっている証拠だ。

昨日は貝メインだったので、今日は魚を狙うことに。

○買い物リスト(6人分)

鮭をまるごと一匹(さばく手つきがお見事!)
帆立 20個
蟹のほぐし 1Kg

締めて14,500ペソ也。(約2,900円)

丸ごと一匹サーモンをゲット

今日は、それぞれ予定があったので、昼は無しにして、ちょっと早めの夜ご飯にしよう。

●イースター島へ持ち込む食材を30kg買い込む

明日のフライトでイースター島へ向かう。噂によると、イースター島の物価は3倍らしい。ということで、うちらは買出しへ。

コレクティーボでビーニャの町へ行き、買えるだけ(持てるだけ)の食料をゲット。

米・パスタ・お肉・チーズ・野菜・お菓子・飲み物などなど

おも・・・

ちなみに、これが買った食料の一部。

イースター島へ持ち込む食材の一部

●サーモン、蟹、帆立づくしのディナー

今朝、市場で仕込んだ材料を皆で調理する。もちろん、キッコーマンの醤油やわさびもゲット。醤油は宿で、わさびは江口さんが韓国食材店で見つけてきた。さあ、米も炊けたし準備万端。

○夜ごはん

蟹炊き込みご飯 with 茹で蟹(トッピング用)
帆立バター醤油焼き
サーモンのお刺身
焼き鮭

帆立に蟹に鮭。ビーニャの新鮮な魚介を食する

そして今日もお酒が燃料の江口さんより赤ワイン。メンドゥーサのワイナリーで厳選してきただけあって、すごく芳醇。飲みやすい。

楽しい海鮮祭りも、今日で終了。

●1時間半の睡眠

うちらには仕事が・・。

海鮮パーティーが続く中、うちらは早めに切り上げ、イースター島行きの荷造りを開始。最低限必要な荷物だけバックパックの底に詰め、空いた3/4程の空間にとにかく食料を詰めこむ。イースター島の物価は3倍だからね。

イースター島へ持っていかない荷物は段ボール箱に詰め、宿に預ける。宿に荷物を預けるとき、いつも思う。

この荷物ってホントに必要なのだろうか。

やっとのことで荷造りが終わる。時計に目をやると深夜1時半。ちなみに、ビーニャからイースター島へ行くには、朝5時のバスに乗らないといけない。そして、サンティアゴの空港行きのバスが出るビーニャのバスターミナルまでは、汐見荘からだと歩いて1時間くらいかかる。

ということで、明日(今日?)は深夜3時起き。

ん~。もう、全然寝れないじゃん・・・

かつやcat

Posted by Katsuya on 15th 12月 2010

Seafood in Vina ビーニャ・デル・マルで海鮮三昧1日目

ビーニャ・デル・マルの魚市場には新鮮な魚が並ぶ

今日は、ビーニャ・デル・マルの魚市場へ行く。

●あきえシックハウス@ビーニャ

朝起きると、あきえの目はしばしば。涙も鼻水も出るし、俺は喉が痛い。風邪か?イースター島のダイビングまでに治さないと。。

宿を朝10時に出発し、ビーニャの魚市場まで宿の皆で買出しに行く。

しかし、市場までの道のりでも目はしばしば。なんだろー。こんなこといままでなかったんだけど。とあきえ。(俺も喉が痛いまま)

10時半くらいに市場へ到着すると、結構お店が終わっている。やっぱり来るのが遅かったか。ただ、まだ空いているお店もちらほらあるので、新鮮な海の幸を色々と調達。

○今日のお買い物リスト

あわび(殻付き) 1kg
巻貝(名前不明) 1kg
巨大イカの身 500g
巨大イカの足 1本

締めて2,500ペソ(約500円)。

格安で手に入るかご一杯のあわび

新鮮なあわびが格安で手に入ったり

無料でもらった巨大イカの足は格別

こっちの人は食べないのか、無料で巨大イカの足をくれたり(ヤバイくらいうまい)。

格安でビーニャの海の幸を手に入れ、意気揚々と宿へ戻る。

部屋に入って一息着いていると・・・。

だーーーーーー

いつの間にか良くなっていたあきえの涙&鼻水が再来。

・・・。

原因判明。

風邪ではなく、シックハウスでした。

たぶん昨日撒かれていた謎の薬のせい。

俺の喉の痛みもたぶんそう。

初シックハウス症候群@チリ。

窓、扉を全開にし、寝具類は全て日に当て、薬を散らす。

これで、多少和らぐだろう。

清潔な日本人宿に体が過剰反応する。日本に着いた途端、こうなったらどうしよう。

●昼、夜と海鮮三昧。そしてサプライズ

朝仕入れてきた海の幸を皆で調理する。

○昼ごはん

あわびごはん
巻貝の白ワイン蒸し
あわび、イカ、タコの刺身
焼きイカ

贅沢な海の幸三昧

昼ごはん後に新メンバー江口さん登場。
宿のメンバー総勢6名に!

○夜ごはん

天ぷら!(人参、玉ネギ、かぼちゃ追加で購入)
野菜の掻き揚げ
かぼちゃの天ぷら
イカの天ぷら
白米

具沢山の海鮮かきあげ

そして、夕食後はスペシャルパーティー。

12/16はサコちゃんの誕生日と、山ちゃんから事前に相談を受け、江口さん含め男3人でこっそりケーキを買出しに。日付が変わったところで皆でサプライズお祝い。

おめでとう~。

お酒が燃料の江口さんからはシャンパンが!

海鮮三昧だし、いい誕生日だね。

海鮮ディナーの後は皆でサコちゃんの誕生日パーティー

夜、部屋戻ると、あきえの症状は少し改善。頭痛や目のしばしばは再開するも、涙は出なくなった。

よかったよかった。

謎の薬が薄まっている証拠。

かつやcat

Posted by Katsuya on 14th 12月 2010

Arrival at Chile サンティアゴの空港でちょっとしたトラブル

チリへ入国完了!が、サンティアゴの空港ではちょっとしたトラブル

メキシコシティを昨日の夜に離陸したLAN航空の飛行機は、翌朝現地時間9時半くらいにサンティアゴへ到着。

●梅干 vs チリの税関

機内で渡された入国なんちゃらの紙を記入し、イミグレへ。

パスポートチェックの後、続いて荷物検査。

これまで特に引っかかったこともないし、もちろんやましいこともないし、気軽に荷物検査に応じていると何やら係官から別室に来いと指示が。

「国外からチリ国内に、野菜や果物、それらの種などを持ち込んではいけない。それが加工品でもだ。」

なんと。バッグの奥底に日本出国時に持っていた梅干が2,3粒残っていた。噂によると、リンゴ1個で200USドル払わされた人もいるらしい。これは、何とか抗議せねば。

「違います。これはジャパニーズメディスンです。」

「いや、これはプルーンだろ。中に種が入っている。」

「納得できません。」

「ほら、ここにサインしてるだろ。植物の種は持ち込んでいませんって(入国なんちゃらの紙)。」

「スペイン語は分かりません。」

「はい。植物の種0.2g所持。ここにサインして。その後、奥で手続きしてもうから。」

これにサインしたら終わりだろう。とにかく抗議を続ける。すると、別の係官(たぶんこの人の上司)が現れ、その人ともしばらく話し合う。すると、

「分かりました。あなた方は私達の言葉を完全に理解するのが難しく、これ以上話し合ってもラチが空かない。このプルーンをここに置いていくのであれば、もう行ってもOKです。」

ん~。さすが上司。許してくれてありがとう。次は気をつけます。

チリに食べ物を持ち込むときは気をつけましょう!

●サンティアゴからビーニャ・デル・マルへ

ようやく、空港ロビーへ脱出。

まずはチリのお金を手に入れないと。

いくら降ろせばいいかな、とレートを調べるとチリは1ペソ=0.18円くらいみたいだ。ってことは、100,000ペソで18,000円くらいか。さっきまで、1ペソ=7円のメキシコにいたので、この感覚に慣れるのに時間がかかりそうだ。

今日の目的地は、サンティアゴはスルーし、ビーニャ・デル・マルというチリのリゾート地にある日本人宿。

ということで、空港からサンティアゴ中心部を経由し、ビーニャ・デル・マルへ移動する。

サンティアゴの空港からビーニャ・デル・マルへ移動する

○サンティアゴの空港からビーニャ・デル・マルへの行き方

①空港を出ると市内行きのバスが出ています。そのバスで乗り換えポイントのパハリトスまで(20分くらい)。
②パハリトスの地下鉄の駅隣のバスターミナルでビーニャ・デル・マル行きのバスへ乗車。1時間半くらいで終点ビーニャ・デル・マルへ到着。

バス移動費用(1人):①1,400ペソ ②3,400ペソ

●ビーニャ・デル・マルへ到着!日本人宿「汐見荘」へ

ビーニャ・デル・マルの街の中心部から汐見荘へは乗り合いタクシーのコレクティーボで行く。

・・・が、これがなかなか見つからない。

オーナーさんから教えてもらったのは、86番か88番。

たまに86番のコレクティーボが目の前を通るが、あいにくの満席。ってことが2度3度。1時間半ほど待ってやっと空席ありの86番が到着。

ビーニャの中心部から86番のコレクティーボで日本人宿汐見荘まで行く

乗ってしまえばばすいすい。15分程で宿の目の前に到着。

さて、汐見荘。見た目は普通の一軒家。番地で確かめない限り分からないので、行く方はご注意を。どうやら、南米で日本人が集まっていると分かると物騒らしい。なので、大っぴらにはしないようだ。

●ビーニャ・デル・マルの安宿「汐見荘」

毛がふかふかの看板デブネコ(触ってみるとデブじゃないけど)がかわいい。

ふかふかの毛がかわいい汐見荘の看板ネコ

部屋はシンプルな作りのダブルルームで、なかなか過ごしやすそうだ。しかし、さっき謎の薬(虫退治?)をまいたらしく、相当きつい匂い・・。ちょっと嫌な予感。

ま、大丈夫かーとチェックインする。

ちなみに、昨日までここには1人しかいなかったらしい。しかし、今日一気に3組、5人がチェックインし、宿はいい感じに盛り上がる。しかも5人中4人が同い年の29歳だって。すごいね、それ。

時差もあるし疲れたし、気持ちいい中庭でゆっくりしているとあっという間に一日が終了。

明日は魚市場へ行く。

宿泊費用:ダブル1泊1室 12,000ペソ

かつやcat