Archives for "ラ・パス(La Paz)"

Posted by Akie on 12th 4月 2011

SAJAMA HOT SPRING 2  サハマの温泉2日目

夜明けの星空と一緒にスタートした温泉2日目。

天の川は右の大地から左の大地まで続いている。
そんなことをはじめて知った、昨日の夜。

寒さからなかなか寝付けず、浅い眠りのまま夜明けの時間を待った。
まだ暗いうちに再び温泉へ。

空には相変わらずの星、星、星の大群。
昨日の夜より綺麗かもしれない。
よく、明けの明星っていうけれどあれってそういう意味なのかな。

月はもう去っていっていた。

だからこんなにくっきりなのかも。

普通、朝早起きして朝日を待つ時間ってすごく辛いんだけど(寒いから)
ここは温泉。
ぬくぬく浸かりながら朝日を待つことが出来る。
なんて贅沢なんだろう。

夜の星空から、徐々に星が減っていき、訪れた朝日。

目の前には6000m級の山がごろごろ。
その山々に朝日が映り、美しかった。
大満足の夜明けと朝日。

新しい朝を迎える。

のんびりの時間もあっという間。
朝焼けを満喫した後は、あっという間に帰る時間。

ドイツ人の彼はもう1泊、ここにステイ。
明日は更に素敵な温泉エリアに行くとか。

「一緒に行かない?」

素敵なお誘いを受けた。

行きたい。もちろん行きたい:bikkuri:

けど食料もないし、野宿グッズもない・・:taran:

泣く泣く諦める。

またどこかで!:kira:

また2Hの道を行く。

ちゃんと橋もありました。

昨日同様、当然車は来ない・・と思ってたら反対側からたくさん、人を乗せた車が。
合計10台ほど。
サハマトレッキングツアーの人達?
行き先はみんな温泉のよう。

さっきまでのたった3人だけの貸切風呂だったのに、
一気にぎゅうぎゅう人口過多の温泉かぁ・・:onsen:

まあ、泊まらないだろうから一瞬だろうけど、
フェリスはびっくりしちゃうかも。

リャマの群れを眺めつつ歩く。
今日もたくさん、りゃまりゃまりゃま。

サハマのリャマはかわいいのでお勧め。
写真ももちろん撮り放題:choki:


ところで昨日のワンコさん

ボディーガードになってくれているのか、どこまでもついてくる。

嬉しいけど、お前のテリトリーはどこ?
そんなに宿エリアから離れちゃっても大丈夫ー?
(結局村までついてきた)

サハマの村に着いてからは12時に出発するというコレクティーボを待った。
向かう先はボリビア国境の町、タンボケタマ。
けれどなかなか来ない。13時を過ぎたところで、今日は来ないのかもしれないと感じ始める。

ごはん食べつつ待つ。

もしかしてここにもう1泊?

結局コレクティーボは来ず、偶然通りかかったトラックをヒッチして目的地を目指した。

タンボケタマに着いてからはスムーズ。
偶然停車していたラパス行きの大型バスを発見。
途中乗車させてもらうことに。運賃のディスカウントも成功。

普通は幾つかバスを乗り継がないとラパスには辿り着けないため、
これはかなりラッキー

コレクティーボよりも100倍立派なバスのシート。

直行なので予定時間よりも大幅に早くラパスの街に到着することが出来た!

つかれた~

でも、野宿は痛かったけど、いい経験:bikkuri:

なによりドイツ人の彼がいてくれてよかった。心強かった。

サハマ最高。:kira::kira:

ボリビア来たら行くべき。

日本人好みの温泉なのに、歩き方に載っていないこともあって
日本人にはほとんど知られていない。(もったいない!)
ロンプラだと、ボリビアTOP10の場所として取り上げられてもいるので
欧米人ツーリストには知名度も高く、人気スポット。
ラ・パスの旅行代理店でもサハマの文字はたくさん見かけた。

今度はテントを持って出掛けよう。

○サハマ国立公園(の温泉)への行きかた&費用

行き。

①まずはラ・パスのバスターミナルへ。

市内中心部からは徒歩・コレクティーボ・タクシーどの方法でも簡単に行ける。
ボリビアは物価が安いのでタクシーも躊躇なく乗れるけど、一応目安を。
荷物が少ない&時間に余裕がある→徒歩(0ボリ)
歩くのめんどくさい→コレクティーボ(?忘れた。安い)
荷物が多い・時間がない→タクシー(8~10ボリ)

②ラ・パス~オルーロ行きのバスに乗り、「パタカマヤ」で途中下車

パタカマヤまでは所要2H。 (オルーロまでは3H。)
オルーロ行きはam4時~毎時間1本出ている。
前日予約不要。席に余裕も多く、便も多いので当日購入が○
チケット購入時&バス車内でも「パタカマヤ」で降りることをしっかりアピールすること!!
何もない町なので、うっかり通り過ぎられることもあり。

発車後1H半を過ぎたら、小さい町に到着する度に「ここパタカマヤ??」てうちらは聞いていた。
パタカマヤの町にバスターミナルはなく、町中で降ろされる。

③パタカマヤ~サハマ国立公園の入り口まで

所要3H 。180km。25ボリくらい。
13時出発→16時サハマ到着
パタカマヤ~サハマ国立公園まではコレクティーボで行く。
1日1本、乗客が集まり次第発車。
(10時から集めだし、13時には席が埋まり発車)
11時くらいには到着しておくのが無難。

コレクティーボはレストラン前から発車。
バスを待つ間、昼食もとれるし、トイレも行ける。
トイレのみの利用は1ボリ。

④サハマ国立公園入り口~温泉まで

6,7km。
・徒歩→約2H。
→私達はこっちを選択。温泉まではひたすら一本道。
平坦な道のりだが、景色は素晴らしく飽きることはない。
(16時サハマ到着の場合、→通常18時温泉到着)

・コレクティーボに+αの金額を払えば、温泉目の前まで連れて行ってくれる。
→別の旅人は人数が多かったため、こっちを選択。1人8ボリ×8人。人数が多いときはお勧め。
(16時サハマ到着の場合、→17時温泉到着)

徒歩にしろ、コレクティーボにしろ、最後は歩いて温泉を目指す。
目印は「黄色い家」遠くからでも目立つので分かる。

⑤温泉到着後

まず真っ先にすること・・それはセニョーラを探すこと!!
温泉目の前には黄色い家があり、夫婦経営のホテルなのだがスタッフは常駐していない。
奥様が近くにいないか探す。奥様がいなくても、人を探す。

温泉に入ってると、入湯料徴収人が来ることもあるのでその人に尋ねるのもよし。
探しても探してもいなかった場合は・・うちらと同じく野宿の道へ。。

温泉は源泉近くへ行くほど、日本人好みの良い温度。
狭くなっていくほうが源泉近く。

昼間は富士山を眺めながら。
夕方は夕陽を眺めながら。
夜は星を眺めながら。
朝は朝日を眺めながら。

最高の温泉に、ようやく到着です

あー、長かった。

○入場料&宿泊費用

サハマ国立公園入場料:30ボリ(ディスカウント不可)
国立公園入り口で払う。

温泉入湯料:30ボリ(頑張れば5ボリになることも。うちらは失敗)
温泉付近にいると、セニョーラがどこからか徴収にやってくる。

黄色い家の宿泊費用:50ボリ。朝食・夕食別途。すごく綺麗なホテルらしい。
朝食:15ボリ 夕食:20ボリ 食事はそうでもないらしい。

※食料やお菓子・飲み物などはラ・パスまたはパタカマヤの町で調達していきましょう。
サハマの町だと高いので。

帰り。

⑥サハマ国立公園~タンボケタマ(ボリビア国境の町)へ

30km。30分。
・コレクティーボ:12時出発(サハマ国立公園入り口付近)
→なので温泉を9時半には出発。

・コレクティーボが来なかった場合:タンボケタマ行きの車をヒッチハイク。
値段は交渉。

⑦タンボケタマ~ラ・パスへ

通常は「タンボケタマ~パタカマヤへ行き」→「パタカマヤ~ラパスを目指す」というパターン。
うちらはタンボケタマにたまたま停まっていたラ・パス行きの大型バスを発見し、そのままラパスまで行った。
楽チン&かなり時間短縮なのでお勧め。費用:

⑧※通常版:タンボケタマ~パタカマヤへ

4H弱。30ボリ位。集まり次第発車。
ランクルっぽいコレクティーボで行く。
コレクティーボがいない場合、トラックヒッチで目指すことも可能。

⑨※通常版:パタカマヤ~ラ・パスへ

コレクティーボ多数→15~23ボリ
ミクロバスもあり→7ボリ(但し、エルアルト止まりなので、中心部までバス乗り換え必要)

以上 :bikkuri:・・長い道のり。:flag:

ちなみに、こんな行きかたもあり。
○ラパス→フワラヤ(フワラヤ?)→サハマ


ラパスからの道のりは遠く、乗り継ぎも多いけど
それでも間違いなくお勧めの温泉です。

ぜひぜひ。

あきえ:a_house:

Error: Suspended
Posted by Akie on 11th 4月 2011

SAJAMA HOT SPRING サハマの温泉

クスコに滞在していたとき、何人もの旅人が言っていた。
”ボリビアの温泉、サハマはヤバイ。”

○リャマと温泉天国、サハマ国立公園

富士山が二つ、パタゴニアのパイネ&フィッツロイにありそうな山も一つずつ。
ベースキャンプしつつ、6000m超級の山にアタック出来る世界有数のトレッキング&クライミングスポット。

それがボリビアにあるサハマ国立公園。

なんだけれど、日本人に人気なのは登山でもトレッキングでもなく、
この国立公園に湧き出ている温泉!

海外の温泉のイメージ。
どうせぬるいんでしょー とか プールみたいなアレでしょー。とか・・

でも、ここは違いました。正真正銘、日本レベル:bikkuri:
富士山を眺めつつ、温泉に入り疲れをとる。。

そんな日本人なら誰もが憧れる場所でした。

○いざ、温泉へ~

温泉までの道のりは結構果てしない。

でもその先に温泉が待っている!と思うと、苦に感じない・・
のは日本人の凄いところ?
(温泉嫌いのかつやは嫌そうだけど)

まずはバスターミナルへ。

ここで最初の目的地までのチケットをゲットし、バスに乗り込む。
※詳しい行きかたは2日目のブログにて。

乗客ガラガラ。その割には発車本数の多いバスは目的地目指して進んでいく。
その時間、およそ2時間。
ウトウトと眠~くなったところでバスは最初の目的地、パタカマヤに到着。

○早い者勝ち、1日1便のコレクティーボ。

パタカマヤは、のんびりとした田舎町。

次なる目的地へは1日1本のコレクティーボにて移動。

既に温泉に言ってきた旅人からは、
「人数が集まらないとなかなか発車しない。
10時位から人数を集めだすけれど、結局揃うのは13時頃。
あんまり早く行っても暇だよ。(早くても)11時くらいでいんじゃないかなー」
と聞いていた。

が。

私たちが着いた11時には、コレクティーボはほぼ満席!
私達とヨーロピアンツーリスト1名が乗り込み、残り僅か1席に。

ぎりぎりセーフ!
早めに行くのに越したことはないかと。
この日は人数が早めに集まったため、12時に出発しました。

満員御礼のコレクティーボは満載の人と荷物を載せて走り出す。

ここからサハマ国立公園までは180km、3時間ほど。
途中うっかり寝たりしながらサハマを目指す。

いい景色だな~

午後17時。予定より1時間遅れでバスはサハマ国立公園に到着。

日没まで残り僅か2,3時間。

温泉までは、ここから更に2時間ほど歩かなければならない。
早くしないと日もくれちゃうし、急がないと!

事前に聞いた話しだと、運がよければヒッチハイク可能
温泉手前まで車で連れて行ってもらえるとのこと。
ただ、通る車はめったにいないので見つけ次第ヒッチするのがポイントらしい。

うちらの場合は残念ながら車は1台も現れず。歩いて温泉を目指した。

温泉までの道は簡単。ひたすらまっすぐ道を進み、
遠くに見える黄色い家(温泉の目の前にあるホテル)を目指していけば良い。

ひたすらまっすぐの一本道。

それなのに。

まさかの迷子。

黄色い家は目の前にあるのに、
気づけば目の前には大きな川が立ちふさがり、向かい岸まで行くのは無理そうな状況に。

どこで道、間違えたんだろう・・:taran:

道を聞きたくても尋ねられる人もいなく、標識もない。
まわりにいるのはリャマ・リャマ・リャマ・・・


暗くなってきた・・

国立公園入り口まで引き返す事も考えた・・が、

絶対どっかに川の切れ間があるはず!!

そう信じて歩いて渡れそうな所を探す。
なんとか、比較的水位の低い場所を発見!

と、

わんわん:bikkuri::onpu2:

いきなりワンコ登場。
しかも人懐こくてかなりかわいい。

私達が川を渡ろうとしていると、
道案内でもするようにスッと向かい岸までジャンプしていった。
向こう岸で私達を待つわんこ。

その姿にも背中を押され、靴を脱ぎサンダルに履き替え川に足を入れる・・
つ、冷たーーーーーっつ><

気合の川越えで見事向かい岸へ到着成功。

周りは既に真っ暗

周りには細い溝のような川がたくさん流れており、
気をつけて歩かないとちょっと危ない感じ。

案内人のガイドに従い、目的地を目指す。

温泉への道って、こんなにハードだって誰か言ってたっけ??

・・・

温泉のある黄色いホテル前に着くと、人の気配。

パタカマヤのコレクティーボから一緒だった彼だー!

同じく温泉目当てでサハマへやってきたドイツ人のフェリス。

彼は迷子にもならず、結構前に到着したそう。
そしてフェリスからは悲しいお知らせが。

「黄色いホテル、誰もいないんだ。今日泊まることは不可能っぽい。僕達野宿だね・・

えーー!

ここまで来れば、暖かい部屋でゆっくり出来ると思ってたのに。

「私達、野宿出来るような装備、今日持って来てないの。。」
そういうと、彼はマットレス代わりに大きなビニール袋と布を貸してくれた。

なんて優しい・・涙。:namida:

寝袋だけは持ってきていたので、なんとかこれでしのげそう。

欧米人ツーリストは無償の優しさが多い気がする。

○やっと温泉!

寝床が確保出来たところで念願の温泉へ入ることに。

ここの温泉は、一見ただの川みたい。
最初みたときは、なんてナチュラルなんだろーと新鮮に感じた。

湯加減のちょうど良い温泉に浸かり、しばし寛ぐ。
外の気温はぐんぐん寒くなっていくけれど、温泉に入ってる分には問題はない。

あー、朝までずっと入ってたいなー

湯加減は、源泉の近くが一番熱め。日本人好みのいい温度。
フェリスは熱すぎず、ぬるすぎない中間エリアがお気に入り。

3人で独占する天然露天風呂。

最高すぎる・・

空には星が満点。

天の川が虹のようにかかってる。その天の川の中を流れる無数の流れ星。
この星の数、ウユニの宇宙越え。

「明日は月が去り、星が去り、太陽がやってくるとこを
温泉入りながらみたいんだ。」

フェリスの粋な言葉。

それ、乗った!

明日は早起きしてそれを楽しもう。

ひとしきり温泉を満喫したところで
寝袋にくるまり就寝。

ワンコが近くでワンワン吠えている。

いい警備員・・

つづく。

あきえ:a_house:

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 10th 4月 2011

Market in La Paz ラ・パスの泥棒市で古着を買う

毎週日曜日に開催されるラ・パスの泥棒市(古着市)

ラ・パスの日曜日といえば、泥棒市(古着市)。

●ラ・パスの泥棒市でコロンビアをゲット

先週、おばちゃんプロレスに行く前に泥棒市へ行くはずだったが、乗るミクロを間違えたか降りるところを逃したかで、エル・アルトで迷子になってしまった。

ただ、今度ばかりはこの辺りの地理にも慣れてきたのもあり、無事泥棒市へ到着することができた。

○ラ・パス中心部から泥棒市会場への行き方

CEJA(セーハ)行きのコレクティーボ(ミニバス)に乗り、Final auto pistaの料金所を過ぎたところ辺で下車。

移動費用:ミニバス料金 2ボリ(1人)

ミニバスを降りてから会場まで少し歩く。

会場へ到着すると、すごい数の市が立っている。この泥棒市は木曜と日曜のみらしいが、こんなにもどこからお店が集まってくるのだろうか。

ラ・パスの賑わいを見せる泥棒市

さて、今回の目当てはアウトドアブランドの古着。

南米は南半球のため、季節は日本とは逆。なので、4月のいまは、夏から秋になってきてるというところだろうか。しかし、ラ・パスをはじめボリビアやペルーで行く土地は高地が多いため、夏でも結構冷え込む。

寒さしのぎには、日本から持ってきたジャケットが役に立っていたが、結構ボロくなってきていた。そこで、今回のラ・パスの泥棒市。

ここでは、ヨーロッパなどから流れてきた本物のアウトドアブランドが売っているという噂があったので、山積みの古着の中から、お宝探しがスタート。

しかし、古着のほとんどはまったくといっておしゃれとは程遠いものばかり。

探し続けて1時間。

ついに、コロンビアの古着を発見。他のなんでもない古着と同等に扱われているが、明らかに生地や縫製などランクが上だ。しっかりとコロンビアのタグも付いているが、値段は格安の35ボリ(約400円)。状態も良いので購入。これで寒くても大丈夫だ。

ラ・パスの泥棒市でコロンビアの古着をゲット

●市場で食べ歩き

ボリビアの街中では、よくその場で絞るオレンジジュースが売っている。

もちろん、この会場でもそのようなオレンジジュース屋さんはあるのだが、そのいつもの雰囲気とは違うオレンジジュース屋さんを発見。

オレンジの皮がうず高く積まれている様子にまず目を引かれ、近づいてみると絞るスピードがハンパない。まるで、機械のように正確に拘束絞りを実演するオレンジジュース屋さんの周りには、多くの人だかりができていた。

ラ・パスの泥棒市で人だかりのできるオレンジジュース屋さん

人だかりの理由は、ジュースの値段にあった。

普通、街中では5ボリ(60円くらい)する絞りたてオレンジジュースが、そこではなんと一杯1ボリ。

高速で絞っていくそばから、売れる売れる。

オレンジジュースの薄利多売。

それでも、手動の絞り機を使い、オレンジ1個1個をその場で絞っていくのはおじさんの商売に対するこだわりだろうか、それともそれ以外の方法は導入できないのか。

その後も、ボリビア名物のゼリーやサルチパパスなど食べ歩き。

ラ・パスの泥棒市でボリビア名物のゼリーなど食べ歩き

ラ・パスの泥棒市で実演販売を見学

誰でも簡単にご家庭でドーナツが作れるよ、と饒舌な特性お玉の実演販売を見学し会場を後にする。

明日は、エルソラをチェックアウトし、ラ・パスからサハマの温泉へ行くため、荷物のパッキングなどに追われあっという間に一日が終了。

かつやかつや

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 8th 4月 2011

Rurrenabaque Day 3 ルレナバケのアマゾンツアー3日目

ルレナバケのパンパツアー3日目。今日のメインイベントはピラニア釣り

いよいよ、ルレナバケのパンパツアーも今日で最終日。

●朝から大雨。でもピラニアはしっかりゲット!

今日の最初のイベントは、サンライズを見に行くこと。

日の出の時間に合わせ早起きするも、ロッジの屋根を叩く嫌な音がする。

急いで外を見ると、かなりの大雨。。

今日のルレナバケのジャングルは朝から大雨

もちろん、これでは朝日どころか、パンパツアー最後のイベントであるピラニア釣りも厳しいのではないか。

朝食の後、ここのロッジの飼い猫「ネグロ」に挨拶。

ルレナバケのジャングルに住むクロネコのネグロ

人懐っこい猫なので、ここに来て以来癒されっぱなし。

しかし、そんな彼にも天敵がいる。

天敵登場に興奮するクロネコ ネグロ

それは、ここの飼いワニ「ネルソン」。

勝手口から中を覗き込むネルソン。

テーブルの影からネグロが警戒する。

一触即発な雰囲気。

ロッジの勝手口でにらみ合うネグロとネルソン

まあ、お互いいつもこんな状態だろうから、幸いイルカとアナコンダのような関係にはならず、気づいたら2匹ともどこかへいっていた。

さて、今日のメインイベントであるピラニア釣りはどうなるか。

ガイドのシモンに確認すると、やはりボートを出して釣りに行くのは厳しいとのこと。

ただ、「ここで釣れるよと」ロッジの前を指差す。

ホントに??

半信半疑のみんな。

ただ、シモンは釣り糸と餌の鶏肉を用意している。

たしかに、川を見るとさっきから水鳥がなにやら漁をしている。

確かにロッジの前の川では水鳥が漁をしている

ということで、ロッジの前でピラニア釣りスタート。

と、始めるやいやな、クニくんがピラニアゲット!

いきなりピラニアゲット!

サイズはちっちゃいが、このピラニアはレッドピラニアといい結構獰猛な種類らしい。

サイズはちっちゃいけど、獰猛なレッドピラニア

実際、やってみると、川に糸をたらした瞬間にちょいちょい食いついてくる。まさに、入れ食い状態のピラニアに満たされた川だが、なかなか釣り上げるのが難しい(そういえば、昨日この川で泳いだな・・・)。

雨の中、しばらくやっていると、徐々にコツが掴めてきた。

食いつくかつかないかの瞬間に糸をピッと引くと、口に針が引っかかり釣り上げることができる。

少しでもタイミングが遅いと、餌の鶏肉だけ取られ後の祭り。

釣れたピラニアは、バケツに入れておく。

ネグロは興味しんしん。

ピラニアを狙うクロネコ ネグロ

次の瞬間。

「ネグロが川に落ちた!」

何が起きたのかびっくりし、声の方向を見ると、焦りながらも必死に川からロッジへ飛び戻るネグロ。とりあえず、無事でよかった。

猫は本来、水が苦手なはず。なのに、なぜ川に飛び込んだのか。

後でバケツを確認すると、ピラニアが一匹減っていた。

●簡単には帰らせてくれないアマゾン

ルレナバケからラ・パスへ戻るためのフライトが迫っている。

最後のおいしいママ(ロッジの食事係)のご飯を堪能し、急いでボートへ乗る。

パンパツアー初日、大雨にやられた川を下っていく。

朝降っていた雨もやみ、何事もなく帰れるかと思っていた矢先、川の真ん中でボートのエンジンが止まった。

実は今朝、ボートのガソリンが少ないから買いに行きたいんだけど現金を持ってなくて貸して欲しい、とシモンから頼まれ、お金を貸した。

そのお金でガソリンを買ったはずだから、ガソリン切れってことは無いはず。

しかし、皆の期待を裏切りシモンは言う。

「どうやらガソリンが切れたようだ」

いやいや、だって今朝お金貸したでしょ!

そのとき、ちょうど仲間のボートが近くを通る。馴れた手つきでシモンは仲間のボートからガソリンを分けてもらうとエンジン始動。何事も無かったかのように、ボートは川を進み始めた。

このボートは、相当燃費が悪いのか、それとも。。

ボートは予定時刻をちょっとだけ押し、岸へ到着。迎えに来ていた車に急いで乗車し、ルレナバケの町を目指し、ひたすら悪路を進む。

ルレナバケの町へ到着すると、その足で空港まで行ってもらう。なんとか、時間には間に合いそうだ。

到着したルレナバケの空港は、相変わらず閑散としている。

その様子にそこまで疑問は持っていなかったが、空港職員と話すシモンの様子がなんだかおかしい。

「今日の飛行機はキャンセルだって。。」

さすがはボリビアクオリティ。

この国を旅する時は、先の予定を組んではいけないかもしれない。

ツアー会社まで送ってもらい、シモンとお別れした後、ラ・パスとルレナバケを結ぶ飛行機を飛ばすAmazonesのオフィスへ。

飛ばないのは当然でしょというような表情で、お菓子片手に手続きをするAmazonesのスタッフ。

「明日の8時にここに来て」

その一言で手続き終了。

結構慣れたけどね。そんな対応にも。

今日も、ルレナバケへ来た初日と同じ「ハポネス」という名の、日本人のいない安宿に宿泊し、たまたまこのツアーに一緒に参加することになった4人で、最後のルレナバケの夜を楽しむ。

なんだかんだあったけど、メンバーにも恵まれ楽しいツアーでした。

一緒にいったメンバーに恵まれたパンパツアーでした

かつやかつや

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 5th 4月 2011

Go to Rurrenabaque プライベートセスナでラ・パスからルレナバケへ

ラ・パスからルレナバケへセスナで移動

今日のラ・パスからルレナバケ行きのフライトは16時半なので、余裕を持ってチェックアウトの準備ができる。

●ルレナバケ行きのフライトキャンセル!?

ところが、10時を回った頃ドアのノックに部屋のドアを開ける旅行代理店の人が来ていた。

どうやら、今日のルレナバケ行きのフライトで問題が発生したようだ。今ここでどうこうできる話ではないので、一緒にルレナバケのパンパツアーを申し込んだ4人で代理店へ来てほしいとのこと。

急いで、4人で旅行代理店へ。

なんと、今日の飛行機はキャンセル。

ラ・パスからルレナバケへ行くAmasonasという飛行機会社は、アマゾンの天候が原因なのかよくフライトがキャンセルになるらしい。

そのため、16時半のフライトがキャンセルになっても次の日のツアーには参加できるように、次の最終便、翌朝の始発と乗る飛行機がずれても大丈夫なように、余裕を持って予定を組んだはずなのに、次乗れる飛行機は翌日の同じ時間16時半の飛行機だという。

いやいや、うちらにも次の予定があるし。。

アマゾン行きを諦めることも視野に入れて話を進める。

すると、遅れて入ってきたお兄さんから提案が。

4人乗りのプライベートセスナなら用意ができる。

但し、1人当たり+100ボリかかる。

100ボリ追加か~・・・。

ちょっと悩むも、宿から空港への送迎もしてくれる&空港使用料も無しでOKということで、空港までタクシーで50ボリはかかるらしいし、ちょいのせで今日行けるなら(しかもプライベートセスナだし)ということで、その特別機をお願いする。

代理店のスタッフのタダの友達かと思ったら、なかなかすごいお兄さん。

しかも、出発は1時間後ということで、宿に戻り急いで荷物まとめる。

ピックアップに来たタクシーに乗り込み、20分程走ると空港へ到着。

ん?何かがおかしい。

軍服を着た兵士が空港入り口にいるし、空港敷地内に入ると軍用機まであちこちに停まってる。

ラパスの空港に何故か軍用機。何かがおかしい

そして、今日の君らのパイロットだ。と紹介してもらった操縦士は完全に空軍な格好をしている。

代理店のお兄さん、一体何者??

1人+100ボリでボリビアの軍を動かすなんて。

そして、目の前に現れたのは4人乗りのプライベートセスナ機。

操縦士、副操縦士、乗客4人とちょっとした荷物入れ。

かなりちっちゃい飛行機。まるで車に羽が生えたかのよう。

ラパスからルレナバケ行きの飛行機は4人乗りのプライベートセスナ機

ホントに飛べるか不安だったが、PMに見送られながら(そんな重要人物じゃないよ。。)バラバラと音を立てて回りだしたプロペラはゆっくりと飛行機を前進させ、小さな主翼で揚力を生み出すとあっという間にラ・パスの街が小さくなっていった。

PMに見送られながらプライベートセスナはラパスを出発

ふらゆらと右に左に揺れながら、徐々に高度を上げていく。

ルレナバケ行きのプライベートセスナが滑走路を走り出す

ルレナバケ行きのプライベートセスナから見るラパスの空港

ルレナバケ行きのプライベートセスナは荷物室もかなり小さい。車のトランクって感じ

ルレナバケ行きのプライベートセスナの座席は2×2+クルー2名の6人乗り

ラパスの街がどんどん小さくなる

あっという間に遠くに離れるラパスの街

ちなみに、普通の旅客機と違い、アナログな操作計器の並ぶセスナでは、離陸時の電子機器規制などももちろんないため、写真も摂り放題。

それ以外にも、旅客機と違う点は他にもある。

例えば空に浮かぶ雲。

小さなセスナでは空に浮かぶ雲は避けて進む

ぶつかると致命的なのか、大きな雲はかならず避けて通る。

そして、上昇する速度。

上昇速度の遅い小さなセスナは景色をずっと楽しめる

非常にゆっくりで、いつまでも地上の景色を楽しむことができる。

オンボロセスナ万歳。

ついに雲の上へ

20分程すると、もうそこはジャングル。密林とくねくねまがった茶色い川を上空から眺めつつ、空中散歩を楽しむ。

ラパスから20分程で既にジャングル上空

景色も良く、小型セスナは気持ちいい。

セスナからルレナバケの町が見えてきた

小さな街が見えてきたと思うと、右に大きく旋回。そして、徐々に高度を下げ、小さな滑走路に無事着陸。それにしても、ルレナバケの空港は小さい。唯一短い滑走路だけが舗装されているだけで、駐機場(って言っても草ボウボウ)に向かう道は砂利&泥の道のため、空の上よりも気を遣って飛行機を運転している気がする。

もちろん、ターミナル的なものはオンボロの小屋があるのみ。飛行場の敷地内には、馬や牛がちらほら。何はともあれ、無事到着した飛行機から降りると、もうそこはジャングルの気候。肌にまとわりつくような湿度と気温。

草ボウボウの駐機場。ルレナバケの空港は味がある

いよいよジャングルの生活が始まる。

インカツアーの人が迎えに来てくれていたので、ルレナバケの飛行場から町まで送ってもらう。

しかし、オフィスに到着すると何とタクシーの運転手が1人10ボリだと言い出した。出た!と思いつつも、インカツアーのルレナバケオフィスの人に聞いてみると、空港から町までの送迎はツアー料金に含まれていないという。

いやいや、ラ・パスのオフィスで確認した時は、ルレナバケの空港から町まで無料送迎だよといってたし。

しばらく、ルレナバケオフィスとラ・パスのオフィスで電話やり取りが続き、空港からのタクシー代はインカツアー持ちということで一件落着。

●ルレナバケの安宿「Residencial Japon」

Residencial Japonは、インカツアーの1ブロック隣にある安宿。特に日本人宿という訳ではないが、日本人も多く泊まるらしく、評判も良い為ルレナバケの宿はここに決定。

部屋は広く快適。シャワーは水のみでトイレの電気も付かず、WiFiも無し、部屋のファンも言わないと回してもらえないなど宿の設備は最低限だが、1泊寝るだけだしキレイな宿なので問題なし。

ルレナバケの安宿「Residencial Japon」宿泊費用:1人20ボリ

ルレナバケの安宿「Residencial Japon」

●ルレナバケの町を散策

ルレナバケの町はコンパクト。

宿は中心部にあり、宿から3ブロックも行けばもうそこにはジャングルの川が流れている。

ルレナバケの町はコンパクト。すぐ近くに川も流れる

今日は特にやることもないので、ルレナバケの町をぶらぶらしてみる。

ラ・パスで買えなかった、アマゾンツアー必需品の白シャツと帽子をゲット。

さすが、ルレナバケ。

ジャングルツアー用に必要なものがそこら中に売っている。

折角なので、川まで出てみる。

鳥がペットのオレンジジュース屋さんで、川を見ながら絞りたてオレンジジュースを飲んでいると突然の雨。これが噂のスコールか。あたり一面あっという間に雲に包まれ、地面は一瞬で水浸し。雨の勢いがハンパない。パンパツアーでも降られるかもしれない。

ルレナバケで突然のスコール

20分もすると、何事も無かったかのように雨は上がり、また町は動き出す。

夕食は、ルレナバケで食べられるフランス料理という案もあったが、高かったので地元の食堂へ。炭火焼のバーベキューは、格別だった。

明日はいよいよパンパツアー。晴れますように。

かつやかつや

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 4th 4月 2011

Ready to Rurrenabaque ラ・パスでWiFiカフェとルレナバケ行きの準備

ラパスの高級WiFiカフェ「アレキサンダーカフェ」のチーズケーキは絶品

いよいよ明日からルレナバケのパンパツアーに行く。

●アマゾンに必要なものをラ・パスで揃える

アマゾンに行くとなると、何かと必要なモノが出てきた。

既にルレナバケのパンパツアーに参加した旅人から必要なモノを教えてもらい、ラ・パスにいる間に出来るだけ揃えておく。

聞いた感じ、今持っていない物はこんなところか。

・蚊避け
・白シャツ
・薄い色のズボン
・帽子
・サングラス
・ライト

アマゾンはとにかく蚊が多い。

現地で人気の(効果のある)蚊避け薬は「REPLEX ultra」というスプレーらしい。

早速、ラ・パスの薬屋さんを探してみると、ばっちり売っていた。

そして、蚊は黒など濃い色に寄ってくるらしく、逆に白など明るい色には寄って来にくいらしい。さらに、アマゾンではとにかく服が汚れるので、捨ててもいいような服が必要。

しかし、なかなかちょうどいい白シャツが売っていない。ルレナバケの町でも白シャツは売っているらしいので、ラ・パスでは薄い色のボリパンを2つ買い、蚊対策は一旦OK。

続いて、アマゾンの強い日差しを防ぐため、サングラスと帽子を探す。

サングラスは、ちょうどこの間バックの中で真っ二つになってしまったため、この旅で3つ目のサングラスを探す。

ラ・パスは何でも売っている。街を歩いていると何件もサングラス屋さんがあり、しかもちゃんとしたやつが1個15ボリ(約180円)とかなり安い。さすがボリビア。

ただ、いい感じの帽子は見つけられなかったので、これもルレナバケへ持ち越し。

また、パンパツアーではナイトサファリで夜のワニ探しをするらしいので、ライトが必要。

日本から持ってきた性能抜群のライトは、イースター島に行く時にバックパックから盗まれてしまったので、ちょっと性能の劣るライトを電池とセットで30ボリで購入。劣るっていってもLEDで明るさばっちり。やっぱりボリビア安い。

午後には、昨日旅行代理店でオーダーした航空券も宿に届き、これでルレナバケ行きは準備万端。

●ラ・パスでWiFiとチーズケーキ「アレキサンダーカフェ」

宿のWiFiは不安定で、昨日の夜から今日もずっと使えない状態。

今日は時間もあるので、チーズケーキがうまくWiFiも早いという噂のアレキサンダーカフェへ行ってみる。

アレキサンダーカフェへ着くと、警備員さんが入り口を開けてくれた(カフェに警備員!?)。

カフェの中に入ると、ボリビアの雑多な雰囲気から一転先進国へ。そして、メニューを見ると、これまた先進国へ。メルカドで7ボリ(約85円)も出せば定食が食べられるのに、ここはケーキ一切れ20ボリとかする。

まあ、WiFiも早いって聞いたし、名物チーズケーキはかなりうまいらしいので、久しぶりに先進国感覚でチーズケーキ2種とコーヒーをオーダー。

アレキサンダーカフェのWiFiは微妙だったけど、チーズケーキはおいしかった

チーズケーキは、噂どおりかなりおいしかったが、WiFiは激遅。。Facebookがやっと見れるか見れないかという速度じゃ、ブログのアップも厳しいので、チーズケーキを普通に堪能し、宿へ帰ることに。

まあ、ボリビアで新しくなったFirefox4の速度アップを体感するのは無理な話か。。

かつやかつや

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 3rd 4月 2011

Lucha Libre in La Paz ラ・パスでおばちゃんプロレスを観戦

ラパスのルチャリブレには民族衣装を着たセニョーラが出る。通称おばちゃんプロレス

一晩考えた結果、ルレナバケへは飛行機で行くことに決定。

●ルレナバケのアマゾン(パンパ)ツアー申し込み

ラ・パスの安宿エル・ソラリオには、多くの日本人旅行者が集まる。

ちょうど部屋でルレナバケの相談をしていると、部屋の外でルレナバケの話しが聞こえた。

今日、チェックインしてきた旅人の中で、ちょうどウチらと同じタイミングでルレナバケへ行くというので一緒に行くことに。

昨日の時点では、まだ3日後の火曜日の便は全て残っていたが、旅行代理店の人に空席状況を調べてもらうと1日4便あるルレナバケ行きが、既に火曜日は最後のフライトのみ残すところとなっていた。

1フライトに18人しか乗れない小型セスナ機。

早く決めないと、どんどんとルレナバケ行きが遅れてしまう。

パンパツアーは、ルレナバケの現地で申し込むことも考えていたが、確実性がないことと、4人で申し込むことで700ボリを600ボリに値下げしてくれたので、ツアー+航空券往復をここで申し込むことに。

●エル・アルトで迷子

今日は日曜日。

ラ・パスで日曜日行われるイベントと言えば、おばちゃんプロレス。

おばちゃんとは、ボリビアの民族衣装を着たおばちゃん(普通にその辺を歩いている姿と一緒)がプロレスのリングに立つという、ラ・パスで一番人気のエンターテイメントだ。

と、もう一つのラ・パスの日曜名物が泥棒市。

この市には、ヨーロッパなどからの古着が格安で並ぶらしい。

おばちゃんプロレスまでは時間があるので、まずは泥棒市から行ってみることに。

「CEJA(セーハ)」行きのミクロに乗れば行けるとのことだったが、運転手に降ろされたところは、皆目検討が付かない場所。

ここはどこ?ラ・パスのエルアルトで迷子

その辺の人に聞くも、皆言っていることが違う。

プロレスまで時間が迫ってきたので、ミニバス、タクシーと乗り継ぎようやく会場へ到着。

しかし、何やら全く盛り上がっていない。

リングの周りに席がちょっとあるだけだし、本来あるはずの外国人料金なんてのも存在しなさそうだ。

その辺のおじさんに聞いてみると、なんとここは違うプロレス会場と。

目的と違うラパスのルチャリブレの会場

タクシーの運転手にやられた!

気をとりなして、その辺の人に聞きつつ徒歩で目的のプロレス会場になんとか到着。

すでに試合は始まっているが、終了までにはまだまだ時間がある。着いて良かった。。

●ラ・パスのおばちゃんプロレス

リングの上に、民族衣装を着たおばちゃんが登場。

ラパスといえばおばちゃんプロレス。民族衣装を着たおばちゃんがプロレスのリングで戦う

そして、悪役をやっつけるという定番の試合はかなり盛り上がったが、それ以外のおばちゃんが出ない試合は結構なあなあな感じで、観客のツーリストは、もっているポップコーンや紙コップなど、試合お構いなしに投げる投げる。

ラパスのルチャリブレ。場外乱闘も

試合も進むにつれ、観客も減っていき最後はだらーと終了。

まあ、プロレス好きの方が見たら、また違う印象かも。

○ラ・パスのルチャリブレ(プロレス)観戦費用:50ボリ

●今日もけんちゃん

今日も日本食のけんちゃんに来てしまいました。

トゥルーチャ定食もトゥルーチャちらしもやっぱり絶品。

ラパスの日本食料理屋けんちゃんの看板料理。トルゥーチャちらし

そして焼きそばもかなりヤバイ。

けんちゃん、美味しすぎ。

ごちそうさまでした。

かつやかつや

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 2nd 4月 2011

Find the Rurrenabaque ture ルレナバケのアマゾン(パンパ)ツアーを探す

ボリビアのスープ

ウチらがウユニへ行っている間に、南極ツアーで一緒だったトモコちゃんはルレナバケのアマゾンツアーに行っていた。

●アマゾンはボリビアから行け

その後もラ・パスの宿がエル・ソラリオで一緒だったため、アマゾンツアーの感想を聞くと、まあまあ良かったとのこと。

まあまあというのも、本当のシーズンは乾季で、雨季終わりの今は川の水も多く、動物がそこまで多く見れないからだそうだ。

それでも、アマゾンという響きには惹かれる。

アマゾンといえば、ブラジルのイメージが強いが、そういえば南米を旅してきた旅人からよく「アマゾンはボリビアから行け」と言われていた。

そう。理由は簡単。安いから。

ということで、ラ・パスの旅行代理店を当たり、ルレナバケのアマゾンツアーを探してみる。

●ラ・パスからルレナバケは飛行機かバスか

旅行代理店を何軒か聞いてみる。

大抵、ルレナバケのアマゾンツアーを扱っており、2泊3日のコースは「パンパツアー」という。ジャングル=密林に対して、パンパ=草原。言ってみれば、アマゾンツアーのライト版。

1週間もジャングルにこもるつもりは無かったので、パンパツアーを中心に旅行代理店へ聞き込み。

ツアー自体の相場は、1人700ボリ前後。

2泊3日で宿、食事、移動全込みなので、ツアー自体は安い。

しかし、問題はラ・パスからルレナバケへの移動方法。

方法は2つで、飛行機かバス。

飛行機の場合、ラ・パスからルレナバケまで45分とかなり短いが、バスの場合20時間以上(中には26時間というところも)かかるという。

まあ、バスで20時間以上の旅はこれまで何度も経験してきたし、費用が1/10以下なのでとバスで行こうかと思ったが、その後エル・ソラリオにある情報ノートを読むと、なんとその途中に本当のデスロードがあるらしい。

それは、バスでラ・パスからルレナバケに行く道はかなり険しく、崖っぷちすれすれを進んだり、対向車とのすれ違いの度にその道をバックしたり、時には車内に獣の匂い(?)が充満したり・・・。

そして、その道では年間約200人が事故で無くなっており、情報ノートには、つい1年前に崖から転落したバスに乗っていたという体験記も載っていた。

そんな事故に巻き込まれるなんて、ものすごく低い確率だってことは分かるし、さすがに何年も前の道路状況から比べればかなり改善されているはず。

しかし、最近のことを書いたブログにも事故らないにしても、直角のシートで大変だったとか、崖っぷちスレスレで死ぬ思いだったとか、バスでルレナバケへ行くのは結構大変そうだ。

とりあえず、一晩悩んで答えをだそう。

かつやかつや

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 1st 4月 2011

Pena in La Paz ラ・パスの街でペーニャへ行く

ラパスでペーニャへ行く

今日も、ラ・パスの街で買い物。

●ラ・パスの街でコンタクトを買う

日本を出発して約1年。日本から持ってきた使い捨てコンタクトがいよいよ底をつきそうに。

そこで、ラ・パスの街でコンタクトを買ってみる。

ボリビアとはいえ、ラ・パスは首都。街も栄えており都会なので、さすがにコンタクトくらい売っているだろう。

早速、この辺りで一番の大通りサンタ・クルス通りからAv. Villazonにかけて歩いて行く。

エル・ソラリオの情報ノートにあった有名なドーナツ屋さん「SOSドーナツ」のちょっと手前に、何軒かコンタクト屋を発見。

※ちなみに、その後街を歩いていて何軒もコンタクト屋さんを発見。「OPTICO」と大きく看板が出ていればメガネ屋さんで、大抵コンタクトも売っている

試しに聞いてみると、6ヶ月使用のコンタクトが両目でたったの110ボリ(約1,200円)。洗浄液と保存容器のセットが意外と高く90ボリしたが、それでも合わせて200ボリ。

今使っているコンタクトの箱を見せ、ちょうど在庫に同じ度数のレンズがあったので、その場で購入。

日本のように、特に検査等もなく、普通にお店で商品を買うという感じ。海外でコンタクトを買う場合、どこもこんな感じなのだろうか。

それにしても、何で日本のコンタクトはあんなに高いのだろう。

ラ・パスでのコンタクト購入費用:レンズと洗浄液セット 200ボリ(両目6ヶ月分)

●今日もお土産巡り

この旅で日本出発直後、日本で使っていた財布を無くした(盗まれた?)。幸い、その中には日本円の小銭が500円くらいしか入っていなかったので、大きな損害にはならなかったが、日本に帰ってから使う財布が無くなってしまった。

ということで、ここ2,3日お土産探しの際に財布も探していたが、どうにもお土産染みた財布ばかりで使う気がしないものばかりだった。

と、昼ご飯を食べに宿近くのいつものメルカドに行った帰り、偶然道端でいい感じの財布を売っている露店に遭遇。

※この露店が出ていた場所は、Figueroa通りとSanta Cruz通りの交差点付近

程度のいい革を使ったおしゃれな財布が、日本円にして1,000円前後。勢い余って財布を3つも購入。

その後も、ラ・パスのお土産巡り。

つい色々と買ってしまう。

●ラ・パスのペーニャ(ボリーチェ)でフォルクローレを聞く

ボリビアの伝統音楽といえばフォルクローレ。

昨日のチャリティーでもビックバンドの演奏を聞いたが、今日はペーニャ(ボリーチェ)と呼ばれるフォルクローレが聞けるお店に行って、フォルクローレを聞いてみることに。

昼間に確認し、夜9時に開店ということだったので、9時半くらいに行ってみるも、お店の中はまだガラガラ。

2時間程待ち、ようやくお客さんが入りだして来た。

それでも、ステージの上はまだまだ静か。

0時半を回ったあたりでようやくバンドが登場。

ラ・パスのペーニャ(ボリーチェ)でフォルクローレを聞く

直後に演奏が始まるが、昨日のバンドと比べると演奏レベルが残念。。

客層の大半は、地元のおじさん、おばさんが占め、いい頃合になってくると、店の中央に空いたスペースで各々好き勝手に踊り始める。

ラ・パスのペーニャ(ボリーチェ)で踊りだす観客

フォルクローレはボリビアの伝統音楽。

しかし、このペーニャ(ボリーチェ)に聞きに来る若者は、ほんのわずかしかいない。

恐らく、この辺りの若者は近くのハードロックカフェかクラブにでも行っているのだろう。

演奏するバンドにしても、もしかすると若手が多くは出てこず、技術的に頭打ちなのかもしれない。

フォルクローレは、昨日今日と2回聞いたのでもう満足。

そろそろ次の動きを決めよう。

○ラ・パスでフォルクローレを聞きに行ったペーニャ(ボリーチェ)の場所と費用

エル・ソラリオから近いペーニャ(ボリーチェ)は、サガルナガ通りの坂を上がって行きMax Paredes通りに当たったら右に曲がって何軒か目にある「Puerta del sol」。

お店の中も広く、ゆったりとフォルクローレを聞くことも出来るし、お店の中央が踊れるスペースになっているので、地元のおじさん、おばさんに誘われて踊ることもできる。

古き良きボリビア音楽に浸れるお店。

ペーニャ(ボリーチェ)入場料:1人 15ボリ

かつやかつや

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 31st 3月 2011

Prison in Lapaz ラ・パスの刑務所ツアー

ラパスといえば日本食のけんちゃん

ポトシからの夜行バスは、6時にラ・パスのバスターミナルへ到着。

●ラ・パスの刑務所ツアーを探す

前回と同じく、今回もラ・パスの宿はエル・ソラリオ。

しかし、朝の6時過ぎに行くも、今は満室ということで、チェックアウトの時間まで待つことに。

10時過ぎ、無事部屋を確保することができた。

さて、ラ・パスと言えば刑務所にかなり特徴があるらしい。

以前、どこかで会った旅人に「ラ・パスにはジェイルツアーというのがあって、おもしろい」と聞いたことがある。歩き方には一切載っていないので、試しにロンプラを見てみると確かにラ・パスの刑務所の話が載っていた。

どうやらラ・パスの刑務所は独立したコミュニティで、中で囚人が商売を行い、自分の部屋の鍵を持ち、家族と暮らし、ペットまで飼っているらしい。さらには、部屋(監獄?)もお金を払って借りないといけないという。もちろん、自分で稼いだお金で。

これはおもしろそう。

ただ、旅行代理店に聞いてみるも、今はもうジェイルツアーを扱っていないらしい。見学したいのなら、警察と交渉したほうがいいとのこと。

ということで、教えてもらった地図を頼りにラ・パスの刑務所に行ってみる。

ちなみに、ラ・パスの刑務所のある場所は、サン・ペドロ教会隣のサン・ペドロ広場に面するAcosta通りにある。

ラ・パスにある噂の刑務所外観

噂では警察にお金を払ってツアーをやってもらうというが、正門を見張っていたポリスに「中を見たい」というと、家族か兄弟など面会者がいないと入れることはできないという。

何か今日は一般人で溢れかえっており、何かの特別な日なのだろうか。

裏門に回ると、欧米人ツーリストが5,6人で門番と交渉している。ガイドのような現地の人も一緒だったが、結局中には入れず。

もう、ラ・パスの刑務所ツアーはやっていないのだろうか。残念。

●ラ・パス日本人会のチャリティーコンサート

ラ・パスでは、今から1ヶ月前くらいに大きな水害があったらしい。

その被害への義援金として、今回のコンサートの売り上げがすべて寄付されるという。

最初のプログラムは着物ショー。

ラ・パス日本人会のチャリティーコンサート。まずは着物ショー

会場はほとんどが現地のお客さんなので、結構盛り上がっていた。

次は、ビッグバンドによるフォルクローレというボリビア音楽の演奏。

ラ・パス日本人会のチャリティーコンサート。ビッグバンドによるフォルクローレの演奏

演奏レベルも高く、なかなか楽しい時間でした。

最後は、日本人ギタリストによるギターソロ。会場が冷え切ったところで休憩・・・のはずが、ここで多くのお客さんが退席。

ラ・パス日本人会のチャリティーコンサート。日本人ギタリストによるギターソロ

ということで、うちらも日本人会館の上にある日本料理「けんちゃん」に避難。

南米の魚「トゥルーチャ」をふんだんに使った、トゥルーチャ刺身定食。

これがまたヤバイ。

トゥルーチャの味はサーモンをもうちょっとさっぱりさせたような、かなり美味しい魚。

65ボリ(約800円)とボリビアの物価を考えると、とんでもない高級料理だが、日本でも食べられないとびきり美味しい日本食なので、ついつい頼んでしまう。

ラ・パスの日本食料理屋けんちゃんのトゥルーチャ刺身定食

他の料理もかなりレベルが高い。

ラ・パスのけんちゃん。もしかしたら、世界一おいしい海外の日本食屋なのかもしれない。

ラ・パスの日本食料理屋けんちゃんのみそらーめん

ごちそうさまでした。

かつやかつや

Error: Suspended