Archives for "プエルト・イグアス(Puerto Iguazu)"

Posted by Akie on 22nd 1月 2011

Go to IGUAZU FALL at Brasil side ブラジル側のイグアスの滝へ

ブラジル側イグアスの滝

今日はブラジル側へ行ってみる。

イグアスの滝はアルゼンチン・ブラジルの国境にあるため、
ブラジル側の滝も見たい人はブラジルビザの取得が必要。

うちらはこの後もブラジルへ行くのでエンカルナシオンでブラジルビザGET済み。

「ブラジル側のイグアスの滝」というと・・

アルゼンチン側に比べると迫力に欠けるらしい

ブラジルビザの取得必須

別途国立公園入場料必要

・・・なため、イグアス行ってもブラジル側は行かない人。結構多い。

でも。

私は断然お薦めします!
ブラジル側のイグアスの滝 :!:

ブラジル側からのイグアスの滝!

迫力に欠ける・・?
ううん、全然そんな感じしない!!

目の前を滝が流れ落ちるイグアスの滝

目の前を滝が流れ落ち、水しぶきが降りしきる。

既にずぶ濡れのイグアスの滝

アトラクション参加してないのにずぶ濡れ。

既にずぶ濡れのイグアスの滝。電子機器には気をつけて

大したことないって聞いてたからあんまり期待せずにいったんだけど
ほんとすごかった!よかった!

やーーおもしろい。
滝もすごい。

アルゼンチン側とは違う迫力のブラジル側イグアスの滝

なんというか、昨日と今日。
全く別の場所へ来ている気がした。

要所要所、見所をギリギリまでの目の前で眺めることの出来るアルゼンチン側と、
滝の全体像を把握しつつ迫力も楽しめ、
イグアスの滝の巨大さ、果てしなさを感じさせてくれるブラジル側。

全体像を把握しつつ迫力も楽しめるのブラジル側イグアスの滝

正直どちらも甲乙付けがたい迫力。そして魅力。

これは両方いったほうがいいと思う。
入場料高いけど・・><

世界遺産だから、国立公園の入場料取るのは分かるよー、
でもさー、
せめてちょっとは安くしてくれてもいいのにね・・。

アルゼンチン←→ブラジルは国境のイミグレも時間かかるし、
(バスが待ってくれないから置いてかれちゃう&次のバス来るまで1時間待ち・・とか。)

共通割引チケットみたいなのもないし。
今後良い方向に変わってくれるといいなぁ・・

ナイアガラの滝は便利だったな。

ブラジル側は入場したら見所の目の前まで
無料のバスで乗り付けてくれるから歩かなくてもいいし、ほんと楽チン。

無料のバスでほとんど歩かないので楽チンのブラジル側イグアスの滝

遊歩道から眺める滝も素敵すぎだったな。

遊歩道から眺めるブラジル側イグアスの滝

自分の好きな楽しみ方を選択できる。

はー楽しかった、楽しかった。

イグアスの滝、大満喫っ

イグアス居住地へ戻りまーす。

~本日の移動~
アルゼンチン→ブラジル→パラグアイ。

ブラジルの国境、めんどくさかった。から今日はスルーーー・・・・
しちゃダメだけどね。
ノーチェックなので・・

○ブラジル側、イグアスの滝の荷物預かり場情報

コインロッカー有り。バックパックも入りそうな大きめサイズです。
ブラジルレアル以外に、アルゼンチンペソでも支払い可能。
滝見学では結構濡れるので、大事な電子機器や重たい荷物はロッカーへ。

ロッカー代:22ペソ

○イグアスの滝 ブラジル側入場料:37レアル(1人)

あきえ:a_house:

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 21st 1月 2011

Go to Iguazu fall at Argentina side まずはアルゼンチン側のイグアスの滝へ

ものすごい轟音と濁流 イグアスの滝アルゼンチン側

イグアスの滝はアルゼンチン側・ブラジル側で見え方が異なるという。ということで、今日は世界最大級の滝と言われるイグアスの滝をアルゼンチン側から見にいってみる。

●ものすごい濁流 悪魔ののどぶえ

プエルト・イグアスのバスターミナルから、滝を意味する「CATARATAS」行きのバスに乗り込む。

30分程でイグアスの滝入り口へ到着。

入場料を払い、まずは最大の見所「悪魔ののどぶえ」を見に行くことに。

ちなみに、イグアスの滝は、周辺も大きく国立公園として保護されているので、園内にはたくさんの生き物が生息している。滝に行く途中でもそういう楽しみがある。

かわいいアナグマや

イグアスの滝でかわいいアナグマと遭遇

たくさんの喋々など

イグアスの滝周辺に生息するたくさんの蝶

さて、悪魔ののどぶえに行くには園内の電車に乗り、1回乗り換えの終点まで行き、さらにそこから遊歩道を30分くらいかけて歩いていく。

園内ののどかな電車に揺られ、まずは終点の駅へ。

イグアスの滝内の移動は電車(アルゼンチン側)

電車を出て、川の上に設置された遊歩道を歩き出す。ここ最近の大雨のせいかいつもこうなのか分からないが、川の水はにごっている。

イグアスの滝の川の水はにごっている

そして、南米のバカンスシーズンのため、とにかく混んでいる。照りつける太陽もハンパない。

イグアスの滝は暑い。そして混んでいる

と、聞こえてくる轟音と共に、大きな川の水面の一部が崩れている箇所が見えてきた。いよいよ悪魔ののどぶえに到着。

イグアスの滝 悪魔ののどぶえへ到着

ものすごい量の水が、滝つぼへ落下し続け、水煙が立ち込める。

イグアスの滝 悪魔ののどぶえはものすごい量の水と轟音

偉大なる自然の力を肌で感じながらも、灼熱の太陽の下では長い時間滝を見ることはできず、遊歩道を戻り次の見所へ。

●イグアスの滝へボートで突っ込んでみる

世界最大級の滝を身をもって体験するには、やっぱりボートで突っ込むのが一番。

ボートのチケットを買い、乗り場まで川沿いの道を歩いていると、遠くから真っ黒の雨雲が迫ってきた。昨日も同じような状況で雨が降ってきたので心配していると、ボートに到着する直前で案の定大雨が。

こんな状態でボートに乗っても雨だか滝だか分からないので、雨が止むまでしばらく待機することに。

あたりもすっかり涼しくなった1時間後には、雨も大分弱くなってきた。あまり悠長に待っていると、終了の時間になってしまうので、そろそろと列に並ぶと雨もあがり、ボートに乗るころには晴れ間も見えてきた。そして、ボートの最前列を確保。準備万端。滝へ向けてボートは出発!

イグアスの滝突っ込むボートツアースタート

滝の近くまで来たボートは、少しの間合いを取り、エンジンのスロットルを全開にしたと思うと、一気に滝の真下まで。

ものすごい水を全身に浴びる。これはヤバイ。乗客のテンションも全開に。

ボートが滝から離れたので別な場所へ行くのかと思ったら、くるっとボートがターン。そして、再度滝へ突っ込むサプライズ。

さすがイグアスの滝の船長。滝の楽しませ方を知っている。

イグアスの滝を体で感じる

さすがにこれで終わりかと思ったら、ボートは港を通過し、別の滝の前でスタンバイ。そして、案の定ボートの頭から滝つぼへ。

3度も滝へ突っ込んだので、もちろん全身ずぶ濡れ。イグアスの滝へ突っ込む場合は、水着の着用をお勧めします!

○イグアスの滝 入場費用など(1人)

プエルト・イグアスからのバス移動費用:7.5ペソ
イグアスの滝 アルゼンチン側 入場費用:100ペソ
滝つぼボートツアー費用:110ペソ

かつやcat

Error: Suspended
Posted by Katsuya on 20th 1月 2011

Go to Puerto Iguazu 国境を越えてプエルト・イグアスへ

パラグアイとブラジルの国境(パラグアイ側)。まずはパラグアイを出国

イグアス移住地からブラジルを越えて、アルゼンチンのプエルト・イグアスへ行く。

●時間のかかる国境越え

シウダー・デル・エステに用事があるとのことで、園田さんにブラジルとの国境の町まで送って頂く。

パラグアイの国境の街シウダー・デル・エステは、免税エリアでもあり、電化製品が安く買えるということでブラジル人が良く買い物にくる場所。そして、この国境を行ったり来たりは簡単に行えるのも特徴で、逆にうっかりすると出国、入国の手続きもスルーしてしまうらしい。

まずは、パラグアイを出国。

シウダー・デル・エステのメイン通りの「友情の橋手前」にあるイミグレの建物に入り、出国スタンプを押してもらう。

イミグレ前でフォズ・ド・イグアス行きのバスに乗り、友情の橋を渡る。川を越えるのはあっという間で、イミグレに到着すると一旦バスが止まったためそこで下車。

友情の橋を渡り、パラグアイからブラジルへ

ブラジル入国のイミグレは結構混んでおり、30分ほど並びブラジル入国スタンプをもらう。ビザも事前に取っていたため、特に厳しい質問はなく、どこに行くの?程度。

バスを降りた場所でフォズ・ド・イグアス行きのバスが来たため、改めて同じ行き先のバスに乗る。チケットはバスを降りた時にもらっていたため、改めて買う必要はなく、30分ほどでフォズ・ド・イグアスのバスターミナルへ到着。

アルゼンチン側のプエルト・イグアスへ行くには、ここでバスを乗り換え。乗ってきたバスの運転手に聞くと「次のバスだよ~」とのことなので、降りた場所でバスをしばらく待つことに。

30分後、ようやくプエルト・イグアス行きのバスが来たため乗車。ブラジルレアルは持っていなかったが、アルゼンチンペソでも支払いOKだったので良かった。

ペソやドル、レアルなど各国の通貨で支払い可能なバス運賃

続いて、ブラジル出国。今までで最短の滞在だったかも。

ここもなかなか混んでいる。多くのツーリストがブラジル出国のイミグレに列をなしている。ここでも時間をかけて、スタンプを押してもらい、バスを待つ。ブラジル入国・出国ともに乗ってきたバスは手続きが終わるのを待ってはくれない。逆に、バスに乗ったまま国境をスルーできちゃう場所でもあるのだ。

プエルト・イグアス行きのバスは何社か運行しているようだが、プエルト・イグアス行きのバスが来ても、乗ってきたバス会社と違うと、乗せてくれない。何台もバスを見送り、ひたすら待つ。

1時間ほど待って、ようやくさっき降りたバス会社のバスが来た。続いて、アルゼンチンの入国。

国境を渡りアルゼンチンへ入国

ここでは、バスから全員降ろされ手続きを行うため、全員終わるまでバスも待っていてくれた。

ということで、とにかく面倒な国境越えをようやく完了し、プエルト・イグアスへ到着。

○シウダー・デル・エステからプエルト・イグアスへの行き方

①パラグアイのイミグレで出国手続き後、イミグレ建物前でフォズ・ド・イグアス行きのバスへ乗る
②ブラジルのイミグレでバスを降り入国手続き。その後、次のバスに乗りフォズ・ド・イグアスへ
③フォズ・ド・イグアスのターミナルでプエルト・イグアス行きのバスに乗り換え
④ブラジルのイミグレでバスを降り出国手続き。その後、次のバスに乗りプエルト・イグアスへ

◇移動費用

シウダー・デル・エステからフォズ・ド・イグアスまでバス運賃:8,500グアラニー
フォズ・ド・イグアスからプエルト・イグアスまでバス運賃:7ペソ

●プエルト・イグアスの安宿「Hostel Iguazu Falls」

イグアスの滝は朝一から行きたいので、今日は宿探し。事前に調べておいた2箇所の宿を回り、安いほうの Hostel Iguazu Falls に決定。

ここは快適な中庭など共有スペースが広く、無料のWiFiやキッチンも使える。水周りなど設備も清潔で充実しており、洗濯物干し場や、小さいけどプールまである。ドミにはクーラーも付いており、快適に過ごすことができる。また、バスターミナルにも近く、移動に便利。

宿泊費用 ドミ1泊1名(YH会員証使用):55ペソ

かつやcat

Error: Suspended