Posted by Katsuya on 4th 4月 2011

Ready to Rurrenabaque ラ・パスでWiFiカフェとルレナバケ行きの準備

ラパスの高級WiFiカフェ「アレキサンダーカフェ」のチーズケーキは絶品

いよいよ明日からルレナバケのパンパツアーに行く。

●アマゾンに必要なものをラ・パスで揃える

アマゾンに行くとなると、何かと必要なモノが出てきた。

既にルレナバケのパンパツアーに参加した旅人から必要なモノを教えてもらい、ラ・パスにいる間に出来るだけ揃えておく。

聞いた感じ、今持っていない物はこんなところか。

・蚊避け
・白シャツ
・薄い色のズボン
・帽子
・サングラス
・ライト

アマゾンはとにかく蚊が多い。

現地で人気の(効果のある)蚊避け薬は「REPLEX ultra」というスプレーらしい。

早速、ラ・パスの薬屋さんを探してみると、ばっちり売っていた。

そして、蚊は黒など濃い色に寄ってくるらしく、逆に白など明るい色には寄って来にくいらしい。さらに、アマゾンではとにかく服が汚れるので、捨ててもいいような服が必要。

しかし、なかなかちょうどいい白シャツが売っていない。ルレナバケの町でも白シャツは売っているらしいので、ラ・パスでは薄い色のボリパンを2つ買い、蚊対策は一旦OK。

続いて、アマゾンの強い日差しを防ぐため、サングラスと帽子を探す。

サングラスは、ちょうどこの間バックの中で真っ二つになってしまったため、この旅で3つ目のサングラスを探す。

ラ・パスは何でも売っている。街を歩いていると何件もサングラス屋さんがあり、しかもちゃんとしたやつが1個15ボリ(約180円)とかなり安い。さすがボリビア。

ただ、いい感じの帽子は見つけられなかったので、これもルレナバケへ持ち越し。

また、パンパツアーではナイトサファリで夜のワニ探しをするらしいので、ライトが必要。

日本から持ってきた性能抜群のライトは、イースター島に行く時にバックパックから盗まれてしまったので、ちょっと性能の劣るライトを電池とセットで30ボリで購入。劣るっていってもLEDで明るさばっちり。やっぱりボリビア安い。

午後には、昨日旅行代理店でオーダーした航空券も宿に届き、これでルレナバケ行きは準備万端。

●ラ・パスでWiFiとチーズケーキ「アレキサンダーカフェ」

宿のWiFiは不安定で、昨日の夜から今日もずっと使えない状態。

今日は時間もあるので、チーズケーキがうまくWiFiも早いという噂のアレキサンダーカフェへ行ってみる。

アレキサンダーカフェへ着くと、警備員さんが入り口を開けてくれた(カフェに警備員!?)。

カフェの中に入ると、ボリビアの雑多な雰囲気から一転先進国へ。そして、メニューを見ると、これまた先進国へ。メルカドで7ボリ(約85円)も出せば定食が食べられるのに、ここはケーキ一切れ20ボリとかする。

まあ、WiFiも早いって聞いたし、名物チーズケーキはかなりうまいらしいので、久しぶりに先進国感覚でチーズケーキ2種とコーヒーをオーダー。

アレキサンダーカフェのWiFiは微妙だったけど、チーズケーキはおいしかった

チーズケーキは、噂どおりかなりおいしかったが、WiFiは激遅。。Facebookがやっと見れるか見れないかという速度じゃ、ブログのアップも厳しいので、チーズケーキを普通に堪能し、宿へ帰ることに。

まあ、ボリビアで新しくなったFirefox4の速度アップを体感するのは無理な話か。。

かつやかつや

Error: Suspended

関連記事:

  1. Find the Rurrenabaque ture ルレナバケのアマゾン(パンパ)ツアーを探す
  2. Lucha Libre in La Paz ラ・パスでおばちゃんプロレスを観戦
  3. Go to Uyuni ウユニ塩湖へ向けて夜行バスで出発
  4. In La Paz お土産天国(地獄?)のラ・パス
  5. Go to La paz クスコでオーダメイドの靴が完成。夜行バスでラ・パスへ

No comments yet!

Post your comments

Spam Protection by WP-SpamFree