Posted by Katsuya on 9th 1月 2011

Go to Buenos Aires 夜行バスでブエノスアイレスへ

メンドーサの独立広場と広場で寝転ぶ犬。平和な場所

今日でメンドーサ最終日。夜行バスでブエノスアイレスへ移動する。

●ぱらっとメンドーサ市内観光。が・・・

特に大きな見所の無いメンドーサ。

そして、ある程度発達した都市のため、街並みも見慣れた感じ。

夜の移動まで時間もあるため、宿の人に紹介してもらった美術館へ行くことに。

その美術館は独立広場内にあるが、行ってみるとクローズ。他にも美術館は何箇所かあるが(歩き方には全く載ってない)、近くのinfoに確認すると日曜日はどこも15時からOPENとのこと。

15時過ぎに出直してみるも、やっぱりこの美術館開いてない。

残念。。メンドーサ。

●夜行バスでブエノスアイレスへ

ということで、19時半出発のセミカマに乗り、一路ブエノスアイレスへ。

アルゼンチンのバスはかなり発達しており、メンドーサのターミナルもかなりの大きさ。各方面へ向かうバスと、乗り込む人々で夕方のバスターミナルはごった返している。

どこへ行くにも、とにかくバスターミナルで確認すれば軒を連ねるバス会社のいずれかが連れて行ってくれるだろう。

しかし、何といっても料金が高い。。

何社も聞きまわり、一番安いところですら、メンドーサからブエノスアイレスまで1人270ペソ。日本円で約6千円。南米の移動費は結構かさみそうだ。

快適なセミカマのシートを倒し、ゆったりと車窓を眺める。

このところ、夕方になるとよく雨が降っている。今日もバスに乗ってから大雨。

バスが出発して30分もすると、その雨も上がり、遠くの空には大きな虹が。

空が大きいと虹も立派だ。

メンドーサからブエノスアイレスへの夜行バスで立派な虹が

○メンドーサからアルゼンチンへの行き方

メンドーサのバスターミナル「Terminal de Omnibus」に行けば、たくさんのバス会社がアルゼンチン行きのバスを出しており、それぞれしのぎを削っています。どの会社もサービスの向上に力を入れているようで、運賃はどの会社もそれほど変わらず。。

メンドーサからアルゼンチンへの移動費用:270ペソ(1人)

かつやcat

Error: Suspended

関連記事:

  1. Go to Mendoza 雄大な山脈を越えてアルゼンチンへ入国!
  2. Bodega tour ボデガツアーへ
  3. Valparaíso 隣町バルパライソへ
  4. go to Hierve el Agua オアハカ最終日
  5. Go to Germany 夜行バスでドイツへ

No comments yet!

Post your comments

Spam Protection by WP-SpamFree