Posted by Katsuya on 10th 1月 2011

Buenos Aires Day 1 ブエノスアイレスへ到着

ブエノスアイレスのコレクティーボの中の一こま

メンドーサからの夜行バスは、朝7時に休憩ストップ。

●都会!ブエノスアイレス

南米の長距離バスは料金が高い。

その分、シートとシートの間が広かったり、軽食のサービスがあったりする。

ただ、今回乗ったメンドーサからブエノスアイレス行きのバスは、特に軽食のサービスが無く、残念だな~と思っていると、なんとこの朝7時の休憩ストップがカフェテリアでの無料朝食サービスだった。

長距離の移動で疲れた体にコーヒーとクロワッサンが染み渡る。サプライズなうれしいおもてなし。

休憩後2時間くらい走ると、いよいよブエノスアイレスの街へ入ってきた。

街を行きかう車の量は増え、両脇には高層ビルが立ち並ぶ。中には世界的に有名な企業の名前が書かれたビルも。ブエノスアイレス、まるで東京やニューヨークのように都会。もともと(勝手に)イメージしていた南米とはかなりかけ離れている。

そして、バスを降りるとターミナルもかなり巨大。アルゼンチン全国各地はおろか、隣国の各地をも網羅するブエノスアイレスのバスターミナルは、行きかう人々もかなり多く、バスターミナルの隣にはスラム街もある。

しばらくイースター島にいたので、若干の平和ボケ。気を引き締めねば。

●ブエノスアイレスの安宿 有名な日本人宿「上野山荘 別館」

ブエノスアイレスの日本人宿「上野山荘 別館」は、ウシュアイアにある日本人宿「上野山荘」のその名の通り別館。

ブエノスアイレスを通る日本人旅人は必ずといっていい程、この宿を訪れるといってもいいくらい人気の宿。そのため、一杯で断られたという人も数多くいた。

ラッキーなことに、ウチらが訪れたときは年越し組みが動き出す時期だったこともあり、問題なくチェックイン完了。

ただ、当日中にはすぐに一杯となり、その後飛び込みで何組か訪れていたが残念ながら泊まれずという方も多くいた。

宿の内容は、典型的な日本人宿といった感じ。

無料のWiFiやキッチンなど設備は揃っており、設備も清潔。洗濯の手洗いもOKで、NHKも見れたり。日本にいるときはNHKを見る機会はあまり無かったが、海外で食べる日本食同様、ありがたさを感じる。

1月のブエノスアイレスはかなり暑い。そして、TVから流れるNHKのニュースでは「日本全国大雪」と報道されている。

日本から遠く離れたところにいるんだな~と実感。

上野山荘別館 宿泊費用:ドミトリー1名 38ペソ
住所:Suipacha 933. Piso 3
電話番号:4314-0739
最寄駅:C線 San Martin(バスターミナルから宿まで歩けます)

かつやcat

Error: Suspended

関連記事:

  1. Go to Buenos Aires 夜行バスでブエノスアイレスへ
  2. Go to Mendoza 雄大な山脈を越えてアルゼンチンへ入国!
  3. Bodega tour ボデガツアーへ
  4. Back to Mexico City 1ヶ月ちょっとぶりのメキシコシティ
  5. IN THE CANCUN カンクン到着

No comments yet!

Post your comments

Spam Protection by WP-SpamFree