Posted by Katsuya on 26th 3月 2011

Shopping & Boliper in La Paz 買い物とボリパーの街ラ・パス

ラパスのバスターミナル。ここでウユニ行きのバスチケットを買う

昨日に引き続き、今日もラ・パスでお買い物。そして、もう一つのラ・パス名物といえばボリパー。

これまたボリビアを通ってきた旅人が行う定番のスタイルで、ちょっと強めのパーマをあまりの安さにノリでかけてしまうというもの。

●ウユニ行きのバスチケットを購入

今日も宿近くのメルカドで朝食。

ペルー、ボリビアと外食が安いため、すっかり自炊をすることが無くなった。

メルカドでは、フルーツサラダと定食。

ボリビアの外食といえばメルカドの安定食。結構うまい

昨日の夕食とはうってかわって、やっぱりボリビア料理はうまい。

お腹が一杯になったところで、バスターミナルへ。

電車は日程が合わなかったため、辛いと噂のバスで直接ウユニへ行くことに。

ラ・パスのバスターミナルは、ラ・パス中心部から徒歩20分くらいのところにあり、結構立派なバスターミナル。入り口付近で案内係のお姉さんにウユニ行きのバス会社を教えてもらい、カウンターへ(No.16とNo.18だったかな)。

2社とも値段や出発時間(1日1本)は一緒だったが、後に聞いた方のバス会社の方が車両が立派そうだったので、そっちに決定。ちなみに、バス会社の方もウユニまでは未舗装道路も多く、結構辛い道のりだと言っていた。

○ラ・パスからウユニへの行き方

ラ・パスからウユニへバスで行く場合、ラ・パスからポトシへ行って、ポトシからウユニへ行く方法と、ラ・パスから直接ウユニへ行く方法がある。ポトシで乗り継いだ方が費用を抑えることができる。但し、バスで移動の場合、悪路や寒さで辛いので、車両のグレードやブランケットや暖房などのオプションを確認する必要あり。

また、ラ・パスからオルーロまでバスで移動し、オルーロからウユニまで電車で移動する方法もある。ただ、電車は週に4便、そのうち2便は夜中2時にウユニ到着という便なので、事前にラ・パス市内のチケットオフィスで確認を。

移動費用

ラ・パスからウユニへのダイレクトバス:1人 100ボリ

●ラ・パスのスコールと決死のボリパー

無事明日のウユニ行きのチケットが買えたため、ラ・パスで再び買い物を楽しむ。

このところ、夕方前くらいから天気が急に悪くなり、激しいスコールが降ってくる。今日も、15時過ぎから雲行きが怪しくなり、突然のスコール。この雨では、落ち着いて買い物もできないので、一旦宿で待機することに。

ここ最近、ウユニへ行ってきた旅人の話では、3月の終わりともなると雨季も終わり、鏡張りのウユニはもう期待できないかもしれないとよく言われる。

ただ、このスコールは雨季の特徴。ウユニ塩湖周辺にもスコールが来ていることを期待しよう。

雨もひとしきり降ると、すっかり止んでいた。

そして、いよいよボリパーをかけに、エル・ソラリオ周辺の美容室を覗いていく。

ボリパーをかけたことのある旅仲間に色々とリサーチしてみたが、結局のところボリパーの仕上がりは”運”という感じ。運次第で、おしゃれな髪型になったり、パンチパーマ→時間が経つとアフロという激しい髪型になったり。

ということで、美容室を何軒か覗いた結果、感を頼りにお店を決定。

ボリパーをかけたお店の場所は、エル・ソラリオを出て正面の小道を入った突き当たりの美容室(隣が床屋)。

担当のお姉さんに2人して細かく要望を伝える。

お姉さんはばっちり理解してくれたようだ。

後は、お姉さんの腕を信じて、おとなしく身を任せる。

まずは、ボリパーをかける前。

ボリビアといえばボリパー。ラパスでは旅人の定番。まずはかける前こんな感じ

髪が長いと、まずまとめるところから。

ボリビアといえばボリパー。ラパスでは旅人の定番。髪が長いと、まずまとめるところから

丁寧に巻いていきます。

ボリビアといえばボリパー。ラパスでは旅人の定番。丁寧に巻いていきます

ちなみに、ボリパーをかけた旅人には結構出逢い、イースター島で一緒だったヒデくんもボリパー。みんな、結構激しい感じに仕上がっていた。

ボリビアといえばボリパー。ボリパーをかけた旅人には結構出逢う。イースターで一緒だったヒデくんはちょっとしたアフロだったし

この写真を撮った直後、メモリーカードがクラッシュした経験もあってか、ボリパーと聞くと特殊な”ナニか”を使って巻くとか、はたまた薬草か何かの溶剤を使うのかと思っていたが、巻き方も溶剤もいたって普通。

日本の美容室となんら変わりなく、とにかくその値段が安いだけ。

仕込みが終わったら、保温するための帽子みたいなのをかぶって溶剤が浸透するのをひたすら待つ。

この待ち時間がやたら長く感じ、時間が経つにつれ不安になってくる。

大丈夫か、オレの髪。

・・・

そしてついにボリパーが完成!

先に完成したあきえはこんな感じ。

ボリビアといえばボリパー。ついにボリパーが完成。あきえはこんな感じ

そして、オレ。

ボリビアといえばボリパー。ついにボリパーが完成。オレはこんな感じ

後ろはこんな感じ。

ボリビアといえばボリパー。ついにボリパーが完成。後ろはこんな感じ

良かった。パンチパーマにはなってない。。

丁寧な仕事でとても満足いく仕上がりでした。お姉さんありがとう!

ボリビアといえばボリパー。ついにボリパーが完成。丁寧な仕事のお姉さん、ありがとう!

○ボリパー費用:2人合わせて120ボリ

2人合わせて、1200円ちょっと。東京の美容室はなんで1万も2万もするんだろう。。

●ラ・パスの韓国料理「コリア・タウン」へ

今日の夕食は、ボリパー記念(?)に韓国料理。

歩き方に載っているラ・パスの「コリア・タウン」という韓国料理のお店へ。

韓国料理定番のビビンバ(ケチャップの容器にはコチュジャン)と、

ラパスの韓国料理「コリア・タウン」でビビンバを頼む

キムチチゲをオーダー。

ラパスの韓国料理「コリア・タウン」でキムチチゲを頼む

ラ・パスは、ボリビア料理、日本食もおいしいけど、韓国料理もかなりうまい。

ラ・パス最高。

かつやかつや

Error: Suspended

関連記事:

  1. Arrival at La Paz 国境を越えボリビアの首都ラ・パスへ到着
  2. In La Paz お土産天国(地獄?)のラ・パス
  3. Go to La paz クスコでオーダメイドの靴が完成。夜行バスでラ・パスへ
  4. Back to Cusco 快適なペルーレイルでマチュピチュからクスコへ
  5. Go to Buenos Aires 夜行バスでブエノスアイレスへ

No comments yet!

Post your comments

Spam Protection by WP-SpamFree