Archives for "104_あきえの食べログ"

Posted by Akie on 16th 11月 2010

Estudio Espanol dia 7 スペイン語学校7日目

○世界遺産の町の大気汚染

三日間のお休みも明け、今日からスペイン語学校再開!

午前中は勉強しすぎの頭をごまかしつつ復習し・・
久しぶりに晴れが続く、アンティグアの町を歩いて学校へ。

アンティグアは世界遺産にも登録されている位雰囲気のある町並み。
コロニアル調の建物が立ち並び、古きよき時代を大事にしている事が伺える。

ただ、この町で残念な事と言えば車による大気汚染。

アンティグアに限らず、グアテマラで走っている車はアメリカのお下がりが多い。
つまり、もうアメリカでは排ガス規制で走れなくなった車達が現役で走っているのだ。
ほんと、結構すごい。この排気ガス。
風のある日はいいけれど、風がない日は排気ガスがこもり、視界が灰色に見えることも。

今日は晴れ、風はまぁまぁ。
でもペンション田代から学校までの道は車通りの多い道を通るのでやっぱりきつい。
道路沿いでおやつを売っているおばあちゃん、こんな空気の中で一日中立ってて大丈夫かな。
毎日思う心配事。

さて学校。

○今日は過去形をお勉強

「今日は動詞の過去形を勉強します」

え。

動詞の過去形??
(また変化するの・・?動詞さん・・)

スペイン語の動詞の変化はとことん果てしないらしい。
うーーん。先は長い・・

例文を作りつつ、過去形に変化した動詞と格闘。

例えば・・語尾が「ar」の動詞の場合。
文章の内容により、語尾が下記に変化する。

yo(私)― e
tu (君)― aste
el (彼)― o
nosotros(私達) ― amos
ellos(彼ら) ― aron

hablar(話す)を「私達」という文章で使う場合は
hablar → hablamos に。

でも例外もあって、
buscar(探す)を「私」で使う場合は
busce ではなく busque になったり。

とにかく習うより慣れろ。
片っ端から動詞の変化形を読み上げ、例文を作り、また読み上げ・・

口が廻らなくなってきたところで休憩時間になり、
休憩を挟みまた口が廻らなくなってきたところで授業時間終了。

今日は時間が経つのがあっという間だった。
あっという間に5時半。
早いなーー。
また復習事項が盛りだくさん:enpi::dashu:

メルカドで夕食をとり、おうちへ帰った。

メルカドは・・こないだとおんなじお店。
おばちゃんが顔を覚えててくれてて嬉しかった:heart:
和む。
今日はちょっと違う種類の料理を注文。

パピエンテとの違いはお肉が何か、とスープの種類?
えーっと、何のお肉って言ってたっけ、コレ・・。

スペイン語の本を見ながらの夕食でした(正解は牛だった)

閉店間際だったのに、快く入れてくれてありがとう。おばちゃん:heart2:

2人でおいしく頂きました:dinner:

あきえ:clob:

Posted by Akie on 11th 11月 2010

Mercado & Vino メルカドとワイン

今日は学校お休み。

久しぶりに午後が空くー!
午後学校に通うと、授業が終わった頃には外が真っ暗で・・。
さぁ何しよう?と前日からうきうき。

アンティグアに来てから10日以上経っているけど、まだメルカド内にある食堂にいってない。
自炊にも飽きてきたし、今日はメルカドでランチにしよう。

○メルカド内の食堂へ

同じ宿に泊まっている子2人と、計4人でメルカドへ。
久しぶりに来た昼間のメルカド。やっぱり明るいほうが活気がある。
今日は先住民の人が近郊から野菜を売りに来る日だから尚更なのかな?

メルカド内には食堂街があって、ずら~っと庶民的な食堂が並んでいる。
今日は同じ宿の男の子が常連のお店へ。

コロンビアに住んでた事もあり、スペイン語がペラペラの彼。
イギリスから語学留学でアンティグアに来た女の子。
二人とも、うちらより全然喋れてるー!うーん、焦る。

食堂は、日本の定食屋さんと同じ様な雰囲気。
おばちゃんも気さくだし、お料理も安くてボリューム満点でいい感じ。

メニューは・・
色々あるけど、今日はグアテマラ版カレーとでも言うべきパピエンテを注文。
日本のカレーとはちょっと違い、インドに近いかも。
ごろっと大きなお肉、じゃがいもが入っていて、他の野菜はスープに溶け込んでる。
味は以外と辛くない。お好みで足せるピリ辛ソースを入れると辛くなっておいしかった★

これにライスとジュースがついて13ケツァール(大盛りは15ケツァール)は安くてお得。

なんで今までこなかったんだろ~
自炊もマンネリになってきたし、これからは通おうかな。
スペイン語の勉強にもなるしねー。

ごはんもおいしく食べたところで、ちゃちゃっと買い物し、メルカドを後にする。

○アンティグアのネットカフェ

プリントアウトしたい書類があったので、一人ネットカフェへ。
アンティグアでネットカフェに入るのは初。(これまではFREEWiFiがあるカフェに行ってた)
ちゃんと無事使えるかな~とどきどきしながら入る。
プリントアウトしたい書類は全部で20枚程。
・・前半・・スムーズ、OK。
・・後半・・ん?画像が表示されない??
どうやらネットカフェのPCにインストールされてるAcrobatReaderが古くて、表示されないらしい。
真っ白な紙を出してもしょうがないので、後半分はお持ち帰り。
10分位でネットカフェを出る・・

○グアテマラとワイン

実はグアテマラ、ワインが超安い。
缶ビールは10ケツァールするのに、ワインは一瓶30ケツァールから。
グアテマラ産じゃなく、チリ産とかなんだけど関税が安いのか?とにかくお得。
モンテネグロっていうワイン、コロンビアだと3,4千円するらしい。でも、ここではたったの300円。
コロンビアに住んでる男の子はお土産に買っていこうかなーて行ってた。
せっかくだから、久しぶりにワイン買ってみる。

でも。
ここは高地。
平地より酔いやすいのか、すーごく酔ってしまう。。
久しぶりにお酒飲んで気持ち悪くなった・・
しばらく飲みたくない位の気持ち悪さにちょっと落ち込む。

ワイン以外にもアニス酒をもらって飲んだんだけど、それも悪かったのかも。
後から聞いたらアルコール度数40%とか・・

高地でのお酒の飲み方がいまいち分からない・・
とりあえず禁酒命令出たので、しばらく禁酒しますnominomi。。

○ネットカフェへの行き方

ペンション田代からcano方面へ行く道沿い。
最初の鉄格子が立派なネットカフェじゃなく、あんまり防犯対策はしてなさそうなほう。
ここは日本語入力不可。
ネットカフェの費用: 1時間5ケツァール。5分だと3ケツァール。
プリントアウトの費用: 1枚1ケツァール。

あきえhouse

Posted by Akie on 1st 11月 2010

Day of the Dead is kite flying 死者の日は凧揚げで

明日は死者の日。日本でいうお盆のようなもの。
アンティグア近郊にあるこの町では死者の日前後に凧揚げをするのが有名らしく
見に行ってみることに。
というか、これに間に合わせるためにアンティグアへ来ましたhare

凧揚げかぁ~
なんだか日本のお正月みたい。

同じ宿に泊まっている女の子二人と一緒に
キチンバスを乗り継ぎ、いざサンティアゴ・サカテペケスへ。

●グアテマラの屋台で食べ歩き

町は思ったより賑わっている。
バスを降りてから凧を揚げている場所までは結構遠い。
凧揚げ会場に辿り着くまでの道には屋台が軒を連ねていて、日本のお祭りみたい。
民芸品やローカルフードのお店が多く、見ているだけで楽しい。

さつまいもみたいなケーキを食べたり、タコス屋さんでタコスを食べたり。縁日めぐり。

タコス3つで10ケツァール(100円)だからメキシコと同じ位かな。
メキシコだと大体1つ5ペソ(35円)
うん、おいしいdinner
辛くないって言われてかけたソースは辛かったけど・・・

●墓地で凧揚げ!

竹下通り並みに込んでいる道を抜けると・・・
到着しました!

墓地!

墓地の敷地内で凧揚げをするって聞いてはいたけど、本当に墓地で凧揚げしてる!!
みんな墓石に座り込んだり、墓地の上に立って凧揚げたり。

日本の感覚でいくとなんてバチ当たりな~て思ってしまうけど、
これはこれでいいのかな。
たぶんご先祖様も生前は同じ事をしていたはず。年に一度みんなが遊びに来てくれるし。
墓地で凧揚げをする意味は、天のご先祖様と繋がるという意味があるそう。

あちこちで大小たくさんの凧があがっている様子は
見てて楽しかったなー。ほのぼの。

たま~に失敗しちゃった凧も。ちょっと痛々しい。

日本も昔はこれくらい凧って揚がってたのかな?
お正月・・そういえば凧揚がってるの見たことないかも。

○サンティアゴ・サカテペケスへの行き方&移動費用

チキンバスを乗り継いで行くのがお勧め。
ツーリスト向けの送迎バスもあるけどそっちは高いし(3~5ドル)、バスの時間も決まっていて不便。

アンティグア~サン・ルーカス・サカテペケス : 5ケツァール
サン・ルーカス・サカテペケス~サンティアゴ・サカテペケス : 3ケツァール

あきえhouse

Posted by Akie on 22nd 10月 2010

Make the Mexico student Card & Go to the Teotihuacan メキシコ国内学生証とテオティワカン

テオティワカンの太陽のピラミッド

今日こそ。学生証を作りに行く。(写真はテオティワカン)
宿の無料ご飯を食べ、学生証作りへ

○メキシコ国内用の学生証作り

これも宿の情報ノート参照。

メキシコの宿、ペンションアミーゴの情報ノート

情報ノート

昨日も書いたけど・・・
メキシコ国内では国際学生証より、メキシコ国内用の学生証のほうが有効らしく
遺跡タダ、バス半額、飛行機も割引になる(!)という事で作りに行くことに。
逆に国際学生証は使えないことが多いらしい。
しかもメキシコシティ近郊にあるマヤ遺跡「テオティワカン」を見に行くだけで
元がとれちゃうらしい。

地下鉄を乗り継ぎ、学生証作成センターSETEJへ。
目印はブラジル料理店。
そのビルの2階に入っているとの事だったけど、
どうやらレストランは閉店してしまったらしくちょうど一階は工事中だった。
次はコンビニが入るみたい。

インターホンを押し、「学生証を作りたい」と伝え階段で2階にあるSETEJへ。
中にいたのは小柄でかわいらしい感じのお姉さん。

メキシコ国内用・国際学生証どちらも作成できる場所なので、
どっちがいい?とまず聞かれる。
メヒコ!(メキシコの意味)と答え、もちろん国内用を選択。

「学生証持ってる?」と聞かれ、トルコで作った学生証を差し出す。
トルコで作った学生証はヨーロッパ対策に年齢を26歳以下にしたものだったので
本当は実年齢で作りたかったけど、顔写真が載ってるそれらしいものがない。
かつやは日本の免許証を持ってたので、それを出す。いいなぁ。
(日本語だとなんて書いているか分かんないので、免許証=日本の学生証だよーで結構通る)

お姉さん、特に何も言わずに受け取り、それぞれコピーを取っていた。

次に。渡された紙に氏名・生年月日・学校名などを書く。
かつやはメキシコに実際にある大学名を記入。
私は国際学生証と同じ学校名を。

最後に学生証に乗せる名前や生年月日・学校名などに間違いがないか
確認をお願いされ、チェック。
うん、大丈夫。(私24歳になってるけど・・)

なんで日本の学生証だよーっていって運転免許証渡してるのに
メキシコの大学名が入った学生証作れるんだろう・・・システムがよくわからん。

とりあえず一人50ペソ(350円)で無事学生証ゲット。

○マヤ遺跡「テオティワカン」へ

続いてメキシコシティ近郊にあるマヤ遺跡「テオティワカン」へ。
せっかくメキシコ来たし、観光らしいとこいかなきゃね。
学生証の効果も試せるチャンス。

再び地下鉄を乗り継ぎ、今度は北方面バスターミナルへ向かう。
ここから遺跡行きのバスが出ていて、1時間で着けちゃうらしい。

○結構大変?メヒコ学生証

テオティワカン行きのバス会社窓口へ到着。
もちろんココでメキシコの学生証を出す!・・が。
なぜかダメ。学割にはならず、正規料金を取られてしまう。
「えっメヒコだよー!」といってもスペイン語の返事しか返ってこないので理由も分からず。

バスは10分後に出発するというので、仕方なく正規料金で片道分を購入。
1人で70ペソ(490円)うーん高い!なんでだろー。嘘ものだって分かるのかな?
・・ちょっと先行き不安になる2人。

バスはすごい渋滞で1時間遅れの2時間で遺跡に到着。
入口に係員がいて、再びメキシコの学生証を見せる。

じぃぃ~~~っくりと、裏まですみずみまでみる係員。
そして・・・

出された答えは
なんと「ノー」

えっなんでなんで!メヒコメヒコ!と二人でアピール。

すると、あっちいってみて。と、反対側に座ってた物売り風のおじちゃんを指さす。
あっ。あの人、物売りの人じゃなかったんだ。。

再度メヒコアピールしつつ、学生証を見せる。
・・・じっくり見た後 ・・・
「OK~」

ほっ。よかったよかった。
なんとか第一関門クリア。

でもなぜかその先にもチェックポイントがあり、再びメキシコの学生証を見せることに。
またしてもじぃぃ~っくりとチェックする係のおばちゃん。
結果大丈夫で2人とも無料で入れたけど、
メキシコで学生証使う時はメヒコアピールが大事なのかも?

なんだかんだ入場するまでチェックポイントがあったけど、
本当に一発目でいきなり元が取れた。びっくり。
通常入場料51ペソのところ、学生証パワーでなんとタダ。学生証ってすごい。

遺跡も、ここに来るまで散々中東で遺跡を見まくっていた為
正直あまり期待してなかったけど、思ったよりよかった。

メキシコに来るまでピラミッドはエジプトにしかないと思ってたけど、メキシコにもある事を知った。
テオティワカンはラテンアメリカ最大の都市遺跡で、紀元前2世紀頃に建造されたメキシコ最大の宗教都市国家。
ここに高さ65m・底辺の一辺が225mという巨大なピラミッドをはじめとしたピラミッド群がある。

興味深かったのは、このピラミッド群を建造したテオティワカン人は8世紀頃に謎の滅亡を遂げてしまったのだけど
後にこの地を訪れたアステカ人たちがこのピラミッド群を見てこれこれ神々が建てた都市だと信じ
彼らの宇宙館ともいえる「太陽と月の神話」の舞台としたこと。
現在ピラミッドの名前も「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」といったアステカ人たちの呼び名で呼ばれている。

人間が作ったものなのに、人間が作ったものとは思えない程の荘厳さを感じさせる遺跡。

遺跡内部は広大なので、見学に3~4時間はかかる。
実際私達もさらっと見学して終えようと思ってたのに結局3時間位必要だった。

遺跡内部には、巨大なサボテンの木やアロエが自生していた。
綺麗な赤い実をつけたサボテン。
ここはジャングルの中?と思うほど巨大化したアロエ(これが普通の大きさなのかもしれないけど)
中米に来たんだなーという事を実感する。

テオティワカンの巨大サボテン テオティワカンの巨大アロエ 物売りのおじさん

一番のおすすめは太陽のピラミッド。
一番高いピラミッドなのに頂上まで登ることが出来る。
(エジプトは基本ピラミッドへの登頂禁止。作りも登れるようにはなっていないので、その違いも興味深かった)
遺跡のある場所は高地なので空気も希薄。日差しも強いし階段もかなり急で疲れる。
でも頑張って頂上まで登りきって見る眼下の景色は最高だった。
ツアー客の盛り上がりは相変わらず激しかったけど、、
登って良かった~
思えばこんな感じの遺跡見学、中東振りかも。

テオティワカンの太陽のピラミッド

紀元前の大昔の遺跡に登り、遺跡からぼーっと景色を見る。
遠くに別の遺跡が見えて。

贅沢な時間だなぁ・・
ビーチでのんびりするのもいいけど、やっぱりこんな場所が好き。

そら

気付けばもう西日。
夕暮れ前に遺跡を後にする。

帰りはバスの運転手さんから直接バスチケットを購入。学割で購入できた。2人で35ペソ(245円)
バス会社の窓口で買うともしかしたらチェックが厳しいのかもしれない。

帰りは渋滞にも巻き込まれず、ほぼ定刻通りの1時間でメキシコシティに到着。
だがちょうど帰宅ラッシュの時間だったようで、地下鉄は人で溢れていた。
さすが世界有数の人口密度の国。地下鉄の混み方は朝の東京みたい。
スリに合わないように注意しつつ、宿を目指す。

○久しぶりのお魚料理

宿では、自炊で久々ちゃんとしたごはん。
近くのスーパーでお魚ゲット。ごはんも炊いて、フィレオのムニエル、キャベツとネギの中華スープ、キャベツサラダと豪華な夕食。
魚の名前はフィレオ。味はかなり淡白。かまぼことかお鍋に合いそう。
お肉用のソースが合うお味。
ん?もしかして。
マックのフィレオフィッシュの「フィレオ」って、この魚の事かも。

○ペンションアミーゴの居心地

この宿、日本人宿だけど、韓国人も結構泊まってる。
その中におもしろい女の子が。
韓国語、英語、スペイン語、そして日本語を話す強者。
さっきまでスペイン語で話していたと思ったら、急に英語になったり日本語になったり。
頭の回転も速いし、かわいいし、おもしろい。
まだ23歳。すごいなぁ。

ここの宿、最初は2泊位の予定だったのに
なんだかだらだらしちゃってる。。

いま宿泊してる人がいい人ばっかりだからかもしれない。
やっかいな主っぽい人もあんまりいない。よかったよかった。

今後の予定・・
キューバ、ジャマイカ行きたいけど、飛行機高いしなー
コスタリカに幻の鳥も見にいきたいし、ビーチ行ってダイビングもしたい。
意外も中米もやること盛りだくさんかも。

わーそれにしてもーお金がないっ
ピンチだー

○学生証作成センターSETEJへの行き方

地下鉄「Sevilla」駅下車。
住所:Durango252 一階は現在工事中。恐らく今後コンビニ。
地図は情報ノートの写真見てください。
「104」のインターホンを押し、「学生証を作りたい」と伝えるとドアのロックが解除され、
ビル内へ入ることが出来る。階段で2階にあるSETEJへ。
再度インターホンを押し、要件を伝え作成センターの中に入る。
ちなみに・・スペイン語で「学生証を作りたい」は下記参照。コレで通じましたkira

キエロ アセール タルヘタ デ エストゥディアンテ
¿Quiero  hacer   tarjeta de estudiante
~したい  作る   学生証

○メキシコシティからテオティワカンへの行き方

地下鉄で北バスターミナルへ。5番線の「Autobuses del Norte」駅 下車。
ここから遺跡行きのバスが毎日15分毎に出ており、所要約1時間。
バスターミナル入って左端にある「Autobus  San Juan Teotihuacan」という会社から
遺跡行きのチケットを購入する。獅子舞の絵が目印。

メキシコシティ内地下鉄移動費用(片道/乗り継ぎ自由):3ペソ(1人)
メキシコシティからテオティワカンへのバス移動費用(定価):35ペソ(1人)
テオティワカンからメキシコシティへのバス移動費用(学割):17,5ペソ(1人)

あきえhouse

Posted by Akie on 21st 10月 2010

yellow fever vaccination in Mexico 不毛な一日~メキシコで黄熱病の予防接種~

メキシコ、黄熱病の病院

今日はちょっと不毛な1日。

中米・南米は黄熱病のリスク国が多く、
黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)がないと入国できない国もあるので
今日は黄熱病の予防接種を受けるべく、午前中から病院に行こうと考えていた。

もちろん・・日本であらかじめ予防接種は済ませ、イエローカードも取得してきたんだけど
なんとかつやがイエローカードを紛失。
日本から持ってきたお財布の中に入れ、バックパックの奥底に閉まっていたんだけど
いつの間にか無くなっちゃってたらしい。

黄熱病の予防接種証明書、イエローカード

これは私の。

どっかで盗まれた?かは不明。
まぁ、しまってたのがお財布の中だったから、お金~!って思われて盗まれちゃったのかも。
入ってたのはイエローカードだけなのにね^^;

もう予防接種自体は済ませているので、再発行出来ないのか色々調べてみたけど
結構めんどくさいらしく結局再度受けることにした。
一度打っていても、特に問題はないらしい。・・たぶん。

情報ノートによると、ここメキシコシティでも格安で受けられる病院があるらしく
イエローカード取得後、その足で学生証も作りに行こう・・というのが今日のプラン。

安宿に置いてある情報ノート。貴重な情報が盛りだくさん。これは黄熱病について

情報ノート

そう、学生証。トルコで国際学生証はゲットしてたんだけど
メキシコは国際学生証じゃなく、メキシコ国内の学生証がかなり威力を発揮するらしい。
遺跡がタダになったり、バスが半額になったり、飛行機も学割で乗れたり。
これは作らなきゃ。

早起きして朝一で出かけよー!と思ってたんだけど

昨日寝たのは夜中の3時頃。
旅人さん達との話しがおもしろくてついつい夜更かししてしまう。

朝ごはんの為に頑張って9時に起きて
(ここの宿には朝食無料サービスが!!最安値なのにすごい。早いもの勝ちだけど(笑))
朝食後に軽く調べものをして宿を出発しようとしたのが結局12時半。

ちょっと出発時間遅れちゃったね~なんて話しながら、宿のコモンルームであるダイニングに行くと、他にも今日黄熱病を受けに行く人達が。

これから行くんですーと言うと、
「あれ?もう午前の部終わりじゃない?午前中13時迄で、午後は15時からだよー」
・・とびっくりなお返事。

そっか、ここスペイン語圏。ラテンの国だった!

シエスタだー。

ラテンの国にはシエスタっていうお昼寝タイムが存在してて、
大体午後14時~16時位迄閉まっちゃうお店が多い。スーパーだったり食堂はもちろん、会社も長いお昼休みの時間になる。

これから行ってもちょうど閉まってしまう時間。
なのでしょうがなく午後の部再開まで宿でたらたら待つことに。
14時半。やっと出発。

○黄熱病の予防接種を受けるべく病院へ

総勢4名で(私はただの付添い)
地下鉄乗り継いでやっと病院に到着。

病院

・・したけど、、なんと今はもうやってないらしい。
最初受付っぽいところで「黄熱病を受けたい」と伝えると、そこで待ってて。
と待合室で待たされる事30分位。
ようやく1人目が呼ばれて診察室へ。しばらくして戻ってくる。
もう受けたのかな?と思ってたら
黄熱病のワクチンがないらしく、近くの病院でワクチンを買った後に再度戻ってこいとの事。

皆で近くの病院へ買いにいく。が、そこも品切れ。

・・最初の病院へ戻る。

ドクターに伝えると、
今どこの病院で黄熱病の注射が打てるか分からない。ネットで調べてから行った方がいいよ。
とのお言葉。

ネットって言われてもなぁ。たぶんスペイン語オンリーだろうし、、
としばし4人途方に暮れる。
けどここで粘ってもしょうがないので今日は一旦帰宅することに。

ちなみにここまでの会話、全てスペイン語
そして4人の中にスペイン語分かる人、ゼロ。けどなんとか理解できたってすごい。

この時点でもう17時・・
学生証作りに行くには遅い時間だし、あんまり暗くなってから出歩くのも不安。
まだあんまり治安状況を掴めてない2人。
今日は大人しく宿最寄りの駅まで帰る。

○屋台でメキシコ料理を食べ歩き

このまま一日が終わるのはなんかやだなーと、近くの屋台を食べ歩きして観光気分。
うん。おいしい。
今日は食べ歩き観光の日だね~よかったよかった。と無理やり納得する。

ペンションアミーゴ近くの露店。屋台がたくさん並んでいる。安いし活気もあり

食べ物以外にも色んな露店がぎっしり。

メキシコの屋台で食べ歩き

○旅続行の危機

これで今日1日は終わるのかな~と思ってたんだけど・・

でも。

宿に帰ってから・・
本当の今日のメインイベントがはじまりました。

伸びに伸びてたお金の集計
。。。。。。ちゃりーん。。。。。
。。。。
。。。

前半使いすぎ。。。。
あと5ヶ月、大丈夫??

1日4000円予算のはずが、なんと現在6000円
2000円オーバー。
後半は1日2500円(!)で過ごさなきゃいけない事が発覚した。

浮かれ気分から現実にもどる二人。
今後はほんとシビアに動かなきゃ、、

1日6000円・・・
せっかくだから~て前半楽しみすぎたのかも。

わーお金。お金。世の中ってやっぱりお金なのかな。。
とりあえずメキシコは1日1000円以内目安で頑張ります。(長距離移動日除く)

あきえhouse

Posted by Akie on 1st 9月 2010

Greece’s snack ギリシャのスナック菓子

●ギリシャのスナック菓子

「Fou dou nia」


パッケージに栗とピーナッツの絵が書いてある・・
どんな味するんだろ??と気になって思わず購入しちゃいました!

味はキャラメルコーンとカールを足して、甘栗ほっこりした様なお味。
甘いような、しょっぱいような?キャラメルバターみたいな・・
うーん、説明が難しいase

でも意外とハマる味でおいしかったですic_heart

横のチョコレートドリンクも普通においしかった。
海外だとスーパーで安く売ってて嬉しい:smile:
暑い国だとチョコは溶けちゃうから・・ドリンクタイプのほうがよく飲みます。

ギリシャに行かれる際は是非お試しをkira

◇料金
スナック菓子 0,95ユーロ(約100円)
チョコレートドリンク 1,03ユーロ(約110円)

Posted by Akie on 11th 8月 2010

RAMAZAN 1st day’s Dinner ラマザン初日の夕食

●トルコ、ラマザン(ラマダン)初日の夕食

トルコでたまたま迎えたラマザン初日。

※ラマザンとは・・
約一ヶ月続く断食でイスラム五行のひとつ。
日が出ている間、食べ物はもちろん水やタバコなど一切口にしない。
唾すら飲み込まない人もいるほど。
普段お酒を飲んでいても、この期間は日没後も飲まない人が多い。

今日はトルコ人のレベントさんと一緒の夕食です。
一緒に向かった先はレベントさん宅ご近所のロカンタ(大衆食堂)

今年のラマザンは8月11日~9月8日。日没は大体夜の8時頃。
日没近くにロカンタに入りお料理を注文。
ふと周りを見渡すと、テーブルに料理はあるものの誰も手をつけていない。
日没の合図が出るまで、皆食べないで待っているとの事。

イスラム色の薄いトルコ・・あんまりラマザンも皆守ってないのかな?と思いきや
意外と敬虔な人が多く驚きでした。

料理はこんな感じで・・

ドマテス・チョルバス(酸味が効いたトマトのスープ!)

ヤプラック・ドルマス(ブドウの葉で具を巻いた前菜)

ジャジュク(ヨーグルトときゅうりの和え物。デザートじゃなくて立派な前菜)

他にもたくさん!色々とトルコ料理を食べる事が出来て良かったhare
やっぱり地元の人がいくお店のほうが安くておいしい。

お家に泊めてくれたレベントさんと。

この写真の直後、レベントさんのお友達、カガーンさんと合流。
4人で夕食後、とっておきの夜景スポットに案内してくれましたkira
チャイを飲みつつ見たキレイな景色は最高!

ちょっと写真ブレブレ(笑)

おうちに帰った後もトルコ人のお二人との交流は続き・・
私とカガーンさんはお酒を飲みつつ、レベントさんとカツヤはソフトドリンクで
長~い夜は更けていきました・・

※ビールを飲みつつラマザンについて説明してくれたカガーンさん。
ラマザン中は禁酒する人が多いんだよーて話しながら、自分のビールをチラ見。
自分は飲んじゃってるけどね(笑)と、
つじつまが合わなくて笑っちゃったのがおもしろかった。
レベントさんは飲まない派っぽかった。人によって厳格さの違いはありつつも
1ヶ月もの長い間、断食を続けるのは相当大変なはず。
宗教の教えとはいえ、それを守り続けている事。本当に尊敬します。

◇料金
ロカンタ    15TL(約850円)
チャイ     1TL(約70円)
ラク(ボトル) 10TL(約700円)

Posted by Akie on 10th 8月 2010

Turkey’s potato..Kumpir! トルコのクンピル

●トルコのB級グルメ、クンピル

トルコに来たら食べたーい!と思ってたB級グルメ、その名もクンピル!
名前からしてかわいいic_heart

トルコ入国初日から探してたんだけど、なかなか出会えず。
ついにイスタンブールで出会えましたkira

日本では見かけない位大きなジャガイモをふかして、半分に切ったポテトの中に色々な具材を入れてってくれます。決めては最初に入れてくれるチーズ

ポテトがと~ろんと~ろんになります。超おいしい~

作ってくれるおじさんの手の動きが素早くて見てるのもおもしろかったhare

トッピングも色々選べるし、ボリューム満点でお腹もいっぱいになるし、大満足の一品ですdinner

◇料金
クンピル一個 7,5TL(約430円)

Posted by Akie on 11th 4月 2010

JAL Airline Meals(vegetarian)ベジタリアンミールの機内食

●JALの機内食(ベジタリアンミール)

成田からタイのバンコク行き。
JALの機内食は初のベジタリアンミールにしてみました。

初のベジミールはとってもおいしかったheart02
普段の食事と似てて、物足りなさはあまりない。
むしろ普通食よりデザートが豪華だったり、サーブされるのが早かったりしていいことずくめ。
これからJALでタイに行く方、野菜嫌いじゃなければかなりおススメですkira

◇メニュー

①ほうれん草のフィットチーネのクリームパスタに温野菜のせ

②サラダ(すっぱいドレッシングとレモン付き)

③パン(JALマーク入り)
④マーガリン


⑤フルーツ(マンゴー・クリームチーズ・ライム)


⑥チョコケーキ

○飲み物は赤ワインとお茶。食後にホットコーヒーをチョイス(飲みすぎ?)

⑦終わりかと思ってたら食後のアイス登場!

大満足でしたic_heart


●JALの機内食(通常食)

通常食はこんな感じです。

お肉大好き・野菜嫌いの彼は、やっぱりこっちのほうがいいらしい。