Posted by Katsuya on 14th 1月 2011

Buenos Aires Day 5 ブエノスアイレスのおしゃれ地区とタンゴ

ブエノスアイレスの「パレルモ地区」は街のいたるところがおしゃれ

ブエノスアイレス一おしゃれな地区パレルモ地区。

●おしゃれな服、雑貨、カフェのパレルモ地区

地下鉄を乗り継ぎ、パレルモ・ソーホー近くの駅プラザ・イタリアを降りる。

地下鉄の駅を抜け、パレルモ・ソーホーに向けて路地を進む。

“おしゃれ地区”と聞いて来た割には、どうも街の雰囲気がすさんでいる。治安面の不安も若干感じるくらい。

しかし、10分ほど歩き中心部に着く頃にはその雰囲気も一転、街行く人も通りに並ぶお店もいい雰囲気になってきた。

まず、カフェが多い。公園の周りのカフェで、ゆったりと午後を楽しんでいる人々を見るとまるでヨーロッパのよう。

ブエノスアイレスのパレルモ地区にはおしゃれカフェが多い

そして、周辺にある服や雑貨のお店を覗くと、置いてある商品のレベルが高いこと高いこと。デザインがいいだけでなく、値段が手ごろ。そして何より日本人好みのデザインが多い(あくまでウチら2人の主観ですが・・・)。青山とか表参道とか、東京のおしゃれエリアに迷い込んだよう。

残念ながらバックパックにも容量の限界があるので、雑貨や服などの購入は泣く泣く見送り、どうしても欲しかったマテ茶の容器をあきえが購入。(ちなみに、日本にいるときは近所のカルディでインスタントマテ茶を買って会社で毎日飲んでました)

ブエノスアイレスでマテ茶の容器を購入

ちなみに、マテ茶とは南米でよく飲まれるお茶(詳しくは日本マテ茶協会へ)なのだが、このような専用の容器は買ってすぐに飲めるものではないらしい。

容器を買ってからマテ茶が飲めるまでを、お店の人に教えて頂いたので折角なのでご紹介。

○マテ茶の容器を買って最初にすること

①容器にマテの茶葉を半分くらい入れ、容器一杯まで熱々のお湯を注ぐ
②そのままの状態で1時間待ち、お湯だけを捨てる
③もう一度、容器一杯まで熱々のお湯を注ぎ、そのままの状態で1晩置く
④容器の中身を全部捨て(茶葉も)容器の中を水ですすぐ
⑤これで下準備は完了。お気に入りの容器でおいしいマテ茶が飲めます

○パレルモ地区への行き方

地下鉄D線 Plaza Italia駅を下車。そこから南南西方面に伸びる路地を10分程歩くとパレルモ・ソーホーと言われるエリアの中心部に出る。中心部付近に到達すると、それまでの雰囲気から一転、おしゃれなカフェや雑貨、服などのお店が並ぶ。

ブエノスアイレス地下鉄運賃:1.1ペソ(1人)

●ブエノスアイレスのBarSurで極上のタンゴを

アルゼンチンといえばタンゴ。

この間、ボカ地区へ行ったときも店先で踊っているタンゴを見たが、折角なので本気タンゴを一度見ておこうとタンゴで有名なBarSurのチケットを購入(格安チケットの入手方法は上野山荘に情報があります)。

タンゴのスタートはブエノスアイレスでようやく日も傾いてくる20時。時間に間に合うように、152番のコレクティーボでBarSurへ。

前情報通り、準備が押しており20時半になってようやくお店がOpen。

Bar Surへ足を踏み入れるとそこはもう別世界。いきなりアコーディオンとピアノの生演奏でお客様をお出迎え。そして小さな店内に並べられたテーブルにはろうそくがともされ、かなりいい雰囲気。

ブエノスアイレスでタンゴといえばBar Sur。いきなり生演奏でお出迎え

恐らく、お店のOpenと同時に入ってきたお客さんは皆格安チケット。ということで、気になるドレスコードも特に無く思い思いラフな服装をしている。ただ、折角のいい雰囲気の場なので、おしゃれをしていった方が気分は高まるかもしれない。

20分程演奏が続き、頼んだシャンドン(シャンパン)の栓を開けて頂いたところで、タンゴが始まる。

少し小柄な男性と細身の女性のペア。ステップがすごい。かなりの近距離でのタンゴに思わず見入ってしまう。

間髪をいれず2組目が登場。

こちらは、ややマッチョな男性とセクシーな女性のペア。タンゴの雰囲気が全く違う。すばらしい。

Bar Surのタンゴは至近距離での踊りのため臨場感がハンパない

タンゴのことは全くの素人なので、詳しくは分からないがとくかくBar Surのロケーションがいい。狭い店内に数脚のテーブル、生演奏に合わせて狭い店内をテーブルぎりぎりまで攻めるダンサー、照明も極限まで落とし、お客さんの手元を照らすのはテーブルの上のローソクのみ。

Bar Surの雰囲気はすごくいい

そして、いつまでもお客さんを飽きさせないショーの編成。

生演奏から始まり、お客さんを交えてのタンゴをはさんだり、歌があったり、ピアニストが交代したり、それぞれの区切りでは出演者全員によるセッションをしたりととにかく見ていて楽しい。

残念ながら格安のチケットは22時までの時間制限付き。23時過ぎまで粘ったが、あっという間の2時間半でした。

Bar Surの2時間はあっという間

○ブエノスアイレス Bar Sur への行き方

ボカ地区へ行くときと同じく152番のコレクティーボで、Bar Surの近くを通ります。但し、終点ではないので地図を見ながら「この辺か!」というところで降車ベルを押しましょう。

ブエノスアイレス152番コレクティーボ費用:1.25ペソ

かつやcat

Error: Suspended

関連記事:

  1. Buenos Aires Day 3 ボカ地区へ行く
  2. Go to Buenos Aires 夜行バスでブエノスアイレスへ
  3. Buenos Aires Day 4 世界で2番目に美しい本屋さん
  4. Buenos Aires Day 2 ブエノスアイレス最古のカフェへ
  5. Buenos Aires Day 1 ブエノスアイレスへ到着

No comments yet!

Post your comments

Spam Protection by WP-SpamFree